フォロワー43万超え!七色ボイスの声優さんまで再現できるスゴい人!DAY2

「僕の武器はこれしかないので」そう謙虚に語ってくれたのは、動画投稿アプリTikTokで43万人以上のフォロワーを誇る声マネの新星、uiui先輩さん。多様な声質と幅広い役柄で知られるベテラン人気声優の山寺宏一さんのものまねや、ドラゴンボールやワンピースなどのキャラクターの声マネで一躍有名な存在となりました。声域の広さや再現力やアドリブ力にも驚かされますが、発声は独学だというのも驚きです。ものまね芸人、声優、そしてYouTuber。努力を重ねて夢を着実に叶えていき、今のuiui先輩さんになるまでの軌跡を伺いました。

 ものマネは俺の人生の原動力!pick

DAY1を読む

 

元々は鼻声。努力が才能を作っていく

──ひとつの才能を磨くことが大切なんですね。

努力が才能になるんです。この世界に入ってまず「発生方法、間違っているよ」って言われました。声は大きいし滑舌も悪くない。でもすぐ喉が枯れるでしょうと指摘されたんです。それは声の出し方が違うんだと。元々独学でしたが、あらためて勉強をしました。正しい発声と発音を学び、滑舌ももっと良くなるとか、演技も体をもっと使いましょうとか。自分がいた世界が、どれだけ小さいものなのか思い知りました。耳と目の良さがあったので、一日レッスン受けるだけでも向上することができました。

 

──一番始めにこれが当たったと思えたネタはなんだったんでしょうか。

TikTokでものまね教室とかをやっていたんですね。多声優が他にいなかったんです。例えば、この業界でフリーザと悟空の両方をできるのは僕だけです。他にも素の声から梶裕貴さんと山寺宏一さんができるのは僕だけとか。本当に僕だけしかできないことを続けていきました。

 

──声帯って持って生まれたものですよね。

とは言っても、元々は僕、こもった鼻声にかかったような声でコンプレックスだったんです。そのコンプレックスをどうにか直して、今の声になりました。だから声帯だけの問題ではなく、使い方ですよね。物干し竿を洗濯ものを干す以外にも使えるという考え方です。

 

アンチも友達に。関係を変えていく力

──やりたいことを続けて努力を重ねて、今があるわけですね。

否定派もいると思うんですよ。やっぱり人間なので、すべての人の賛同を得ることってないですから。でも今、賛成派の人もたくさん周りにいてくれる。おかげで生き生きやっていけています。今日の取材も滅茶苦茶うれしいんですよ。アンチも友達です。新人の頃に絡まれてもやりあって、最後には飲みに行くか!となるようなノリで。今ではアンチだった人が助けてくれるような関係になっている人もいます。

 

──タフですね。相手の感情をチェンジさせる力が強いんですね。

本音でやり合うと、きっと伝わるものがあるんですよね。インターネットだと内面が見えないじゃないですか。そこで「俺はこういう考えだ」と伝えたら、そうなんだなと感じてもらえる部分も出てきます。ギタリストが邪魔にされたら「まあ一曲聞いてくださいよ」と引き止めて感動させるようなものです。

僕は夢もデカいので、そんなことを伝えると、相手も「がんばれよ」って言ってくれたりします。

初めてのテレビ出演で緊張!急性糖尿病で救急搬送

──ものまね王グランプリに山寺宏一さんのものまねで出られていましたよね。

あの時、メイク室で「今日、山寺さんのものまねするんですよね」と話していたら、隣から「今日、アンパンマンの取材だったんだよね」ってダンディな声が聞こえてきたんです。咳払いをしていて、誰だろうなと思っていたんですが、ちょっと僕がうたた寝をしていて、声の主が出ていった後に、メイクさんが「山寺さんだよ!!」と教えてくださったんです。いらっしゃってると思わなかったからびっくりしましたよね。山寺さん、わざわざ戻ってきてくださったんですよ。そこで「今日は山寺さんのものまねをさせていただきます」ってご挨拶できました。「楽しみにしてるよ」って言葉をかけられてあがっちゃいましたね。優しい方です。世界一優しい人じゃないでしょうか。ちなみにその時の血糖値が900くらいでした。

 

──糖尿病をお持ちとのことですが。

初めてテレビ出演する4日前なんですが、緊張しすぎでジュース飲んで食べてを繰り返していたら、2日前になって倒れて、急性糖尿病で救急搬送されました。その時の血糖値が1600mg/dL(編集注:血糖値の正常上限値は140 mg/dL)だったんです。いつ死んでもおかしくない状態でした。入院することになって、今回はテレビを諦めろと言われたんですけど、脱獄しました(笑)。責任は問いませんって一筆書いて、テレビに出たんです。

 

──文字通り、命がけの出演ですね……。

人間って、この機会しかないって時があるじゃないですか。それを逃すと後で一生後悔するかもしれない。よく、あの時やっておけばよかったと愚痴をこぼす人がいるけれど、聞いてると僕はイライラしてしまいます。ではなんでやらなかったんだって思ってしまうんです。

僕自身も一度諦めていて、実家に帰ったことがあるんです。いろいろ考えて悔しくなって、もう一度東京に行くことにしました。その頃には自我があまりなかったんです。自分に自信を持つことが必要で、その場所が僕にはTikTokやYou Tubeでした。

 

ものまねを続けた先に目指すもの

──今、目指しているものはどんなものでしょうか。

声優さんのアドリブ力や演技力、声、神経というのは宇宙だと思うんですよ。それがものまねでできたらと思っています。ものまねを極めていく上で本家に認められることを目指しています。

僕はものまねを保存食だと考えているんですね。もっとその作品が見たいけれど、演じた声優さんが出演できなくなって変わることがあるじゃないですが。でも変わってしまうと違和感がある。そういう時の違和感が無くせたら、最強です。僕の着地点はそこなんです。それより先に行くと……どうなるんでしょうね。僕にもわからない(笑)。

ものまねを極めることに限界はないと思います。

 

──どのようなことにこれから挑戦されていきますか。

今、マジックとダンスも練習しています。社長はダンスもマジックも歌もなんだってできる。僕は社長を尊敬しているんです。スパルタでいろんなことを教えてもらいました。

何が凄いって、久しぶりに東京に行って、単独ライブやるよっていきなり現場に放り込まれたんです。当時MCすら未経験だったんですよ!

当然完璧になんてできなくて、すべりまくりでした。スーツが絞れるくらいの冷や汗をかきました。お客様は笑ってくれていましたけれど、くやしくて二度と同じ失敗はしないように、いろんな人のライブに行って、MCを見て、マネして吸収していきました。今ではMCを任せてもらえるくらいになっています。

悔しいと思ったことがあったら次に絶対失敗しないように、できるだけのことをやっています。今の場所に立ち止まるわけにもいかないですし、もうちょっと新しいことでもウケるようになりたいので、お笑いも勉強しています。

 

失敗は繰り返さない! 自分を強くしていくことで成長する

──失敗しても繰り返さないってとても大切なことですよね。

そうですね。先日、『ダウンタウンDX』の収録で、ダウンタウンさんとお話したんです。死ぬかと思いました。僕はもう、昔からダウンタウンさんが大好きで。

「お前、老けてんな〜!」と声をかけられて、「うれしい!」といろいろ飛んでしまったんです。

だから次出られたら、もっといろいろ話せるようになっていようと思っています。

いろんなことを学んでいると、飲み込みが早いと言われることもよくありました。学習障害があると以前は診断を受けたのですが、最近改めて診断を受けたところ、学習障害はないという診断だったんです。

多分、精神的な問題も僕には大きかったんだと思います。自分を強くしていくことで、いい影響が出たのではないでしょうか。

(編集注:学習障害の診断や改善は個人のケースです)

 

──2〜3年の間にここまでこれたのは、周りに恵まれたのもあるんですね。

社長のおかげですね。周りに恵まれたこともそうですし、運もあったと思いますし、実力や努力もあって、そのすべてが自分に繋がっているんです。僕だけの力ではないですから。

 

──とても謙虚でいらっしゃいますよね。

山寺さんのように、憧れている人がみんな謙虚なんですよ。憧れているから真似をしてしまう。山寺さんも「僕はそんなことないんで」ってよく仰っていたります。見習っていきたいですね。

 

uiui先輩が目指す笑顔のある未来

──人を楽しませる仕事をすることをどう思いますか?

根幹にあるのは祖母だと思います。声真似をすると祖母が喜んでくれるんです。おばあちゃん子だったので笑顔を見るのが嬉しくて。そこから母や周りへと笑顔が広がっていく。

初めてテレビに出た時、祖母が泣いて喜んでくれたんでです。泣きながら笑ったと聞いて、人をこんなに笑顔にできて、たいしたことがない自分でもちょっとでも人を癒せるなら、この仕事をやっていきたいと思いました。

 

──心を大切に考えられているんですね。今後の展望や夢を伺えますか。

フリーでものまねをやっている人たちがライブや収録できる場を作りたいと考えていて、今、学校も作っています。可能性は無限大ですよね。

僕の第一段階の夢としては、知名度を上げてドームでライブです。社会現象を起こして、世界に行きたい。世界に向けて「ものまねは凄いんだぞ!」って発信したいんです。そういう第一人者になるのが目標です。夢はそこから、どんどん広がっていくものだと思います。

 

──ありがとうございました。

(了)

インタビュー:  ライター:久世薫

uiui先輩(ういういせんぱい) プロフィール:

レパートリーを100種以上持つものまねタレント。TikTokで人気を博し、フォロワーが43万人を超える。(※2021年1月現在)名前の由来は『けいおん!』の姉から妹への劇中歌『U&I』。現在最も注目される若手ものまねタレントのひとり。

 

TikTok:https://www.tiktok.com/@193593uiui?
uiui先輩 TV:https://www.youtube.com/channel/UCwIwVMqg8BeS46DDbJM8qXQ

Twitter:https://twitter.com/uiuimonomanegod

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう