ギネス世界記録®保持数日本一のスゴい人!

本日登場するスゴい人は、日本で最多数のギネス世界記録を持つスゴい人!
彼は「クルミをお尻でより早くたくさんつぶす(30秒48個)」、「靴下を早くたくさん片足に重ねて履く(30秒26足)」など、2013年に初めてギネス世界記録の認定を受けて以来数々のギネス世界記録に挑戦し、吉田沙保里氏、イチロー氏を上回る21個のギネス世界記録を保持している。

彼はなぜギネス世界記録に挑戦し続け、今何を目指しているのだろうか?

さあ…
お笑いタレント
チェリー吉武様の登場です!

「くだらない事でも一生懸命」

もともと3人組でお笑いをやっていましたが、話すこともあまり得意ではなく、なかなか活躍できずにいました。
ある時、「お尻でクルミを割れる人はいませんか?」という募集があり、以前からお尻でパスタの束を折ったり、コルク栓を抜くなどしていてお尻でやる事には自信があったので、挑戦することになりました。

イギリスのCBBCの「Officially Amazing」という番組で、ギネス世界記録の更新に挑戦するという企画でした。
最初は全く割ることができず、記録保持者のやり方を真似てもうまく行かず、本番までの3週間で何度も別の方法を試し、試行錯誤の末に自分の割り方を見つけ出しました。
本番では1回で30秒48個の新記録を出すことができました。

その後、SEASON2ではアメリカ代表とイギリス代表と日本代表の僕の3名で記録に挑戦する企画が始まり、一度に多数の記録に挑戦することになりました。
与えられる課題の中には得意なものも苦手なものもあります。
練習方法に悩んだ時に、十種競技(デカスロン)の有名なコーチに相談すると、「得意な種目から取り掛かり、苦手な種目にも触れるように」とアドバイスを頂きました。
他にも、挑戦する内容に近い事のスペシャリストの人を探してお話を聞き、追究していくと、最初は全くできなかったことができるようになり、記録が伸びるようになりました。

僕は不器用で何もできないので、何度も反復練習をして、体に叩き込んできました。
一人で練習していて記録が伸びない時には嫌になることもあります。
最初はすぐに諦めてしまっていました。
でも、マネージャーや事務所の人たちがみんな協力してくれたおかげで、21個のギネス世界記録を獲得することができました。
今まで一つの事を極められなかったのですが、「ギネス世界記録」というくくりの中で色々な事に挑戦して記録を更新するのが、僕には合っていたのだと思います。
おかげさまで「ギネス世界記録芸人」という強みを持つ事ができました。
たとえ誰でもできる事でも、くだらない事でも、一生懸命やればそれが自信につながると実感しました。

今後は、100以上のギネス世界記録獲得を目指し、更にたくさんの記録に挑戦していきます。
世界で最も多くギネス世界記録を持っているアシュリタ・ファーマンさんを越える事を目標に、いつかは直接対決することを目指して、これからも挑戦し続けます。

◆チェリー吉武の『ギネス世界記録™への道!』~挑戦は終わらない!~
http://s.ameblo.jp/cherry-guinness/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事