【杉山 公宏】日本動物愛護協会の理事長を務めるスゴい人!

杉山 公宏

本日登場するスゴい人は、
「動物の命を守る活動」
「動物を知ってもらう活動」
「社会への提言活動」
を行う、日本動物愛護協会の理事長を務めるスゴい人!
彼は獣医学博士でもあり、これまでお世話になった動物たちへの恩返しのために、理事長として活動をしているという。
さあ・・・公益財団法人日本動物愛護協会 理事長 獣医学博士 杉山公宏様の登場です!

「動物たちを友として、師として」

物心ついた時から動物を飼っていました。
小さい頃から動物が大好きで、犬、猫、兎、鳩、ジュウシマツ、カナリア、金魚、メダカ、熱帯魚など様々な動物を飼っていました。
餌やりも散歩も小さい頃から自分で世話をしていました。
動物は生きているので、世話をすることで自分も自然と規則正しい生活をすることができました。
外でつらい事や落ち込む事があっても、どんな時でも動物たちは私が家に帰ってくると喜んで迎えてくれて、気持ちを癒してくれます。
だからいつもストレスもなく生活できたのだと、動物に感謝しています。
子供の頃から動物に接する大切さを実感しています。
私はとても気が小さいので物事は早め早めに片付けるようにしています。
心配な事や気になる事は、とにかく絶対に後に残さない。
このことをモットーにして毎日を生きています。
それも、体力があって丈夫だったからこそできた事です。
小さいころから、歩くこと、陸上、山登りと足腰を鍛えることを続けています。
足腰が丈夫なら代謝がよくなり元気でいられます。
40才から卓球も始めました。
今80才になりますが毎日元気で過ごし、動物に癒されて益々ストレスがなくなり、仕事も家庭も円満に過ごせています。
本当にありがたいです。
私は、大学獣医学部奉職時、教育や研究の為に動物たちにお世話になったご恩返しの為に、日本動物愛護協会で奉仕させて頂いています。
捨て猫や捨て犬、そして殺処分される動物がゼロになる世の中になって欲しいと思っています。
小さい頃から動物を可愛がることができる環境づくりの大切さを痛感しています。
みなさんも、動物の為に自分でできることから始めてください。
私は「人と動物の調和ある共生社会」の実現を目指す日本動物愛護協会で頑張っています。

◆公益財団法人日本動物愛護協会ホームページ
http://jspca.or.jp/
※一部携帯では見られない可能性があります。

タグ: 

日刊スゴい人!をフォローする