【頭川 展子】“きものの女王”で優勝し京都観光おもてなし大使として活躍するスゴい人!

頭川 展子

世界の中でも知名度が高くブランド化されている都市『京都』
多くの海外VIPも、古き良き日本の風景を見るためにこぞって訪れる。
京都には、観光の質を高めると共におもてなし精神の伝承をしている幅広い人材を結集した「おもてなし大使」という役職がある。
本日登場するスゴい人は、「全日本きものの女王」で優勝。
ミス日本で関西代表。
美と健康に目覚め、外からと、内側からの美を追求するため、野菜ソムリエ、フードコーディネーターなどの資格を取得し、予防医学も学び、ロータリークラブなどで講演。
「25ans」でビューティーメダリストとしても活躍。
また、京都をいろいろな方面でPRしたりボランティア活動もおこなうなど、その前向きな姿勢を認められ、“京都市観光おもてなし大使”に就任した。
さあ・・・京都観光おもてなし大使 頭川展子様の登場です!

「自分らしくを追求する」

幼い頃は、親の後ろに隠れてしまうほど人見知りが激しい子どもでした。
それを心配した母が9歳くらいの頃、京都の映画村撮影所に通わせてくれ、
茶道や華道を習ったり挨拶の仕方を教えて頂いていました。
場所柄、芸能人の方も来られるので、1日100人ぐらいの方と挨拶をする環境のせいで知らず知らずのうちに人見知りを克服して、自分から挨拶をする習慣が身につき、また、日本の伝統文化を勉強させて頂く機会にもなりました。
高校生の頃、母と吉本劇場にお笑いを観に行くと、母から「吉本劇場の上でオーディションをしているから、受けてから観覧しよう」と突然言われたのです。
実は、既に母がオーディションに応募していたのです。
そのオーディションが「恋のから騒ぎ高校生スペシャル」でした。
高校生スペシャルには3回ほど出演し、大学入学後に11期生として1年間出演しました。
テレビ出演のきっかけは母の応募でしたが、「全日本きものの女王」は自分の意思で申し込みました。
ポスターを見て「チャレンジしてみたい」と思い、受けてみたらまさかの全日本で優勝を頂けました。
何事もチャレンジしてみないとわかりません。
そこから少しずつ自信がつきました。
使命があるならチャンスを頂ける!
ダメな時は自分に合わなかったと理解するだけです。
そして、今度はミス日本に。
「ミス日本関西代表」に。
その後、今度は日本の伝統文化を学びたいと思い、「華道」「茶道」を極めようと池坊文化学院に入らせて頂きました。
今では池坊花華道会のイメージをさせて頂いています。
また文化学院時代、京都の著名人の方々をインタビューするお手伝いをしていたら、若いのに頑張っていると多くの京都の方達がおっしゃって「観光大使」に推薦してくださり、今こうして活動をさせて頂いています。
有名になることは望みません。
女性として、人間として経験を沢山積み、少しでも人のお役に立てる人間になりたいです。
これから、京都のためにももっと頑張りたいです。
そのため、京都の目上の方々にご指導頂き、いろいろな勉強させて頂き、成長させて頂きたいと思います。
また学生さん達の応援もしたく、今は輝く女性を応援する同志社学生団体「bell」の顧問もさせて頂いています。
これからもいろいろな経験を生かしながら、おごることなく、常に原点に戻り、いろんなことにチャレンジしていきたいと思います。
「桜梅桃李」
桜は桜、梅は梅らしく
人の真似することなく
自分は自分らしく輝いていく事が素晴らしい!

◆京都市観光おもてなし大使☆頭川展子☆の美と健康と京都大好きブログ
http://ameblo.jp/srnontan555/

◆25ans美容ブログ
http://blogs.25ans.jp/medalist_zugawanoriko/

◆美と健康アイテム
・ビューティドリンクビューティーアーティストNojiの「セルマトリックス極雅」
・こだわりのお水plusuiのお水
http://www.plusui.jp/about.php
※PC専用ページとなっております

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする