【高橋 陽一】全世界のサッカー選手に影響を与える サッカー漫画のパイオニア Takahashi Yoichi, A pioneer of soccer manga who has influenced soccer players all around the world.

高橋 陽一

世界一影響力のあるサッカー漫画『キャプテン翼』アニメ化もされ世界的大ヒット作となり、全世界で8000万部以上の単行本が販売されている。世界のスーパースタージダンやトッティもキャプテン翼を見てサッカーを始めたという。日本サッカーシーンの底上げの一翼を担ったと言っても過言では無いだろう。

さあ・・・ キャプテン翼の作者 高橋陽一様の登場です!

 

「夢を大切に」

小さい頃から、 絵が得意で、図工の成績も良く絵を描くと周りから褒められていました。当時読んでいた漫画をマネして、コマを割ったり、キャラクターを作ったりして、漫画を描いて遊んでいました。とにかく漫画が大好きで、毎日、毎日漫画を描いていました。アルゼンチンで開催された1978年のFIFAワールドカップをテレビで見て、選手のプレーに衝撃を受けました。ここからサッカーの虜になったんです。

高校生の時にサッカー漫画を描いて新人賞に応募したら入賞!あの時は本当に嬉しくて、漫画家を目指そうと思った瞬間でした。

 

それでも、高校を卒業する時に、大学に行くか、漫画家を目指すべきかで迷いました。『漫画家になってもどうやって稼いだらいいかわからず、本当に食べていけるのか?』という不安が大きかったからです。

まずは、アシスタントで下積みをしようと、出版社に原稿を持ち込み、『ドーベルマン刑事』で有名な

平松先生をご紹介いただきました。そこから2年の間基礎からみっちりと修行させていただきました。

 

少年ジャンプで『キャプテン翼』の連載が始まり人気が出て軌道に乗ったのですが、打ち切りも味わいました。描きたかったことが描ききれず中途半端に終わることに心底落ち込みましたが、しばらく漫画を描いていないと、また描きたくなって、手が勝手に動いてしまうのです。手を動かしていない時も、頭の中ではストーリーを練り出したり。

 

そうこうしているうちに落ち込みも無くなります。というより落ち込んでいる暇が無くなるのですね。

漫画が心の底から好きなので、 辞めようなどと考えたことはありません。キャプテン翼の漫画では、

読者に向けて『それぞれの夢を追って頑張ろう!』というメッセージをテーマにして描いています。

 

サッカー以外のスポーツでも、仕事でも何でもいいので、それぞれの目標に向かう一つのきっかけになってもらえれば嬉しいです。日本でもスポーツを題材にした漫画が最近少なくなってきたので、後輩を育ててスポーツ漫画全体を盛り上げていきたいです。

——————————

The most influential soccer manga in history, “Captain Tsubasa” has been turned into a hit anime and sold more than 80 million copies around the world. Star players Zinedine Zidane and Francesco Totti are both quoted as having begun playing the game because of the manga. It is not too much to say that this book has lifted the Japanese soccer scene sight out of oblivion.
So here we bring you the creator of Captain Tsubasa…. Takahashi Yoichi!

“Treasure your Dreams”

When I was a child I was very good a drawing. No matter what I would draw, I was praised by those around me. At the time I mimicked the manga styles of the published books available, broke up my stories into frames, created characters, and experimented with drawing my own manga. I just really liked manga, so I drew it every day. When I saw the 1978 World Cup in Argentina, I was delighted by the athletes’ moves. This is what got me hooked on soccer.

When I was in high school I won an award as a newcomer artist for drawing a soccer manga. I was so happy at the time. It was surely the moment I realized I needed to be a professional manga artist.

Even so, when I graduated high school, I was torn between going to college and going into manga art. “I don’t even know how to begin to make ends meet as a manga artist… will I be able to eat?” I worried. I decided to work as an assistant, and brought samples of my work to a publisher who introduced me to the famed Hiramatsu Shinji, author of the “Doberman Deka” manga. I worked under him for two years.

“Captain Tsubasa” began serialization in Shonen Jump, but was eventually cancelled. I was disappointed that I wasn’t about to draw everything that I had hoped to, and grew depressed about it. But after not drawing for a while, my hands could no longer be controlled, and it was like they began drawing on their own. Even while I wasn’t drawing, the story itself had grown in my head.

Forcing myself to draw drug me out of the rut. There was no longer time to sit in the rut. I love manga from the bottom of my heart, it never crossed my mind to completely give it up. I began drawing Captain Tsubasa with the message of “let’s all try together, each fighting for his own dream!”

This applies to sports besides soccer too, and any kind of work. Just working towards your goals opens up all sorts of happy possibilities. There have been less sports-themed manga in Japan these days, but in the future I personally have a dream of bringing up the next generation of sports manga artists.

(Translator : Orth Haruka)

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする