【玄 秀盛】極道よりもボランティアを選んだスゴい人!

玄 秀盛

一言では語り尽くせない辛すぎる幼少期。
そして、その男の行く末は当たり前のように普通じゃない世界に辿り着いた。
悪事のすべてをやった。
そんな男が今や、全財産を投げうってボランティアを始めた。
毎日のように相談者が集まり、毎日のように彼らに感謝される。
解決するまで徹底的に付き合う。
明日の男の生き様をとくと感じてください!!
さぁ、極道を超越した男、玄秀盛様の登場です!

「歌舞伎町“命”の駆け込み寺」
大阪・西成生まれの在日韓国人で、4人の父と4人の母をたらいまわしにされて育った。
転落の人生じゃない、常に最底辺の環境を血や肉にして生きてきた人生だ。世間で悪いとされる事は一通りしてきたよ。
ヤクザだろうが右翼だろうが本拠地に単身で乗り込んだ。
5回も殺されかけた。
俺は人の10倍の経験をしてる。
ある時、献血の結果から「HTLV-1抗体検査」という陽性反応が出た。
俺はてっきり、HIVと読み違えた。
死ぬのであれば 過去、俺を殺そうとした5人を道連れにしようと暗殺計画をした。
だけど、1人だけ行方が分からなかった。
ふと診断書を見たら「HIV」じゃなかったと気づいた。
急性白血病を引き起こす可能性を持つウイルスだった。
金の亡者だった俺、死を悟った瞬間5人の人間を殺す事しか考えない俺。そんな自分にほとほと呆れた。
病気をきっかけに自分が出来る事は何か悩みに悩み、ボランティアをはじめた。
半端じゃないトラブルに巻き込まれた人を救い出すボランティアだ。
加害者の論理とノウハウを知り尽くした俺だから出来る事だ。
自分の私財を全てなげうって、歌舞伎町で“新宿駆け込み寺”をスタートして8年、常に金は無いが腹はくくってるから何とかなる。
俺は目の前で助けを求める人間を全員救ってきた。
全員だ。
相談は毎回、30分で解決する。無駄な命は、この世に1つたりとも無い。
俺を思う存分利用しろ!
何かあったら俺のところに来い!
俺が真剣に守ったるわ!

 

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする