【竹田 恒泰】明治天皇の末裔 Takeda Tsuneyasu, great-grandson of the Meiji Emperor.

竹田 恒泰

なんと、明治天皇の孫の孫に当たります、旧皇族の竹田恒泰様。

竹田様のセミナーは、手を合わせながら聞く人がいる?とも聞いてます。

さあ、そんなスゴい人が語る天命とは!

 

『戦争を止めに行ったこと』

平成15年1月イラク戦争開戦直前、僕らはどうしたら戦争を阻止できるか話し合っていた。

いろいろ考えた末、「ヨーロッパ・アメリカをはじめ、中東各国、特にパレスチナ・イスラエル・イラクと友好関係を築いているのは、世界で日本しかないのだから、日本が戦争回避のために動くべきだ」という考えに至った。

ところが、日本政府にはそのような動きをする気配はなく、小泉総理は米国に追従しイラクを非難する立場を取っていた。

そこで、僕らは米国とイラクの和平調停を日本で開くという計画を立案し、

コネクションをフルに活用して、イラクのサダム・フセイン大統領とのパイプがある日本の活動家と通じることができ、フセイン大統領と接触できる機会を取り付けることに成功した。

僕らが日本を出発したのは平成15年2月中旬で、

外務省がイラクに「退避勧告」を出した日だった。開戦の約一か月前である。

僕らはヨルダンのアンマンからバグダッドまでの1200キロの砂漠の道のりを、キャラバンを組んで移動した。

そしてフセイン大統領が用意してくれた「アルラシード・ホテル」に滞在し、毎日フセイン宮殿に足を運び、閣僚たちと会談を重ね、日本での和平調停の準備を進めた。

なんとイラク側は、日本での調停が実現するなら、全権委任を派遣する用意があるという態度を決めた。

次に僕らは日本の総理官邸と掛け合った。

しかし時を同じくして小泉総理はそれとは逆に、米国のイラク攻撃を支持するとの声明を発表してしまった。

身の危険を感じた僕らは、計画の実現を見ることなく開戦直前にバグダッドを後にした。

日本に帰ってテレビをつけると、バグダッドが空爆されている映像が流れていた。

本来の計画である「戦争を止めること」は失敗に終わったが、誰もが無謀だと思っていたサダム・フセイン大統領との折衝が個人レベルでできたことは事実であり、これから生きていくうえでの大きな自信になった。

自分が会いたいと思った相手には必ず会えるものだということの証明にもなった。

今後は世界における日本のあり方をもっと考え、日本における私の役割を何かを模索し実行していくことが天命と考えています。

——————————
They say that when he gives a lecture, the audience listens as if his words were golden.

『He shares his remarks on how to prevent war.』

In January of 2003, right before the Iraqi war, we were discussing how to stop the war.

We came up with an idea that the only country that currently has a good relationship with Europe, the United Sates, Middle East (namely Palestine, Iraq, and Israel) is Japan. Therefore, Japan should should take action to stop the war.

At that time, the Japanese government did not seem as if it would take any action. After all, Prime Minister Koizumi was very much in support of the United States and it seemed that Japan was for the most part censured in regards to Iraq.

But ultimately, we organized the peace talks between the United States and Iraq.

By using the our wide connections, we were able to meet with the sector of Japanese government who had a direct connection with president of Iraq at the time; Saddam Hussein.

The day of we departed was the day the country gave evacuation orders in preparation for disaster. It was a month before the war began.

We took built up our caravan and moved from Amman in Jordan to Baghdad with in 1200km in desert.

I stayed at the hotel called Al Rasheed Hotel which President Hussein provided us. We visited the palace every day in hopes of furthering the discussion towards peace.

Finally, the president decided that if Japan will mediate between Iraq and the United Sates, then Iraq will present the Enabling Act.

We tried to contact the Prime Minister, however Koizumi had already decided to support the United Sates.

Since the situation was getting worse, we decided to go back to Japan without completing the plan.

When I returned to Japan, I saw on television how Iraq had been attacked by the US army.

I could not achieve my goal, but we had done such big things already. Anyone would have thought it would be impossible to meet President Hussein. This experience gave me a huge sense of courage in my life.

I proved that nothing is impossible.

In the future, I will continue to think of the way Japan ought to be, and what I can do for my country.

(Translator : Keiichiro Maeyama)

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする
次回のスゴい人!
次回の日刊スゴい人!は・・・

『全国300店舗を展開する靴修理店運営会社を率いるスゴい人!』

明日登場するスゴい人は、全国300店舗を展開する靴修理店を運営する会社を率いるスゴい人。
特に打ち込めるものがなかった子ども時代だったが、一念発起して単身アメリカ留学、
帰国後ベンチャー企業設立にもかかわったという。
一風変わった経歴の彼から学ぶことは、決して少なくないはずだ。