【夏目 亜季】難病、大事故、がんを乗り越え活躍するアイドルのスゴい人!

夏目 亜季

本日登場するスゴい人は、難病、大事故、がんという度重なる困難を乗り越えて活躍するアイドルのスゴい人!

高校3年生の時に自己免疫性溶血性貧血という難病を発症。
同年、車の事故で外傷性くも膜下出血になり、一時は記憶障害と視力の著しい低下に見舞われた。

20歳で歌手を目指して上京し、持ち前のバイタリティーで活躍の場を広げ、テレビドラマ「GTO完結編」(フジテレビ系)に出演するなど活動が軌道に乗り始めていた。
そんな中、昨年(2014年)9月、子宮頸がんを宣告される。当時既にリンパ節にまで転移していた。
約2か月間、抗がん剤治療と放射線治療を続け、今年(2015年)1月に寛解し、活動再開に至った。

襲い掛かる困難を乗り越える支えとなったものとは?

さあ…
歌手・タレント
夏目亜季様の登場です!

「負けない」

昔から、多くの人を惹きつける歌手の仕事に憧れていましたが、遠い存在だと思っていました。
でも、AKB48さんを見て以前より身近に感じられるようになり、自分もやってみようと20歳の頃上京しました。
何のつてもなく東京に出てきましたが、インターネットでイベントを主催している人を探し、出演させてくださいとお願いして、活動の場を作っていきました。
頼れる人のいない中で頑張れたのは、父のように何でも一人でできて尊敬される人になりたいという憧れがあったからだと思います。

10代の頃から難病や大きな事故を経験していましたが、がんは自分とは無縁のものだと思っていました。
ところが2014年9月、体調不良で病院に行ってみると、子宮頸がんだと言われたのです。
病名だけは知っていましたが知識もなく、最初に聞いた時は死を想像し、子どもも産めなくなると言われ、思っていたよりも大変な病気である事を知ってショックを受け、ただただ泣いていました。
9月初旬から約1か月間、再検査を繰り返し、セカンドオピニオンにもかかりましたが、病気の進行状況が分からない時は先が見えず、死んでしまうのではないかと思うこともあり、一番怖くて不安でした。
最終的にリンパへの転移が見つかり、治療方法が決まった時に、「頑張って治そう」と気持ちを切り替えることができました。

同時に、メディア取材が急にたくさん来て色々な媒体に載り、子宮頸がんに対する誤った認識からインターネットでバッシングを受けてしまいました。
病気で辛い時にこんなことを言われなきゃいけないのかと、とても悲しくなりましたね。
でも、逆にそれを見て今まで知らなかった人でも、ご家族にがん患者の方がいる方など応援してくれる人が増えて、心強くもなりました。
友達も地元の京都から手紙や千羽鶴を持って駆けつけてくれて、家族や周りのみんなの支えがあったからこそ、乗り越えることができました。

今後はアイドル、タレントとしてもっと活躍していきたいと思っています。
また、私に与えられた宿命であり自分にしかできない事だと思いますので、がんの体験者としてより多くの方に体験談を伝え、検診の受診を呼び掛けていきます。
今は、2人に1人はがんになる時代と言われています。
でも怖がらず、早めに発見すれば大事にならずに済むこともあります。
自分は無縁だと思わず、定期的に健康診断や検査を受けて、体の異変に早めに気づけるようにしてください。

◆オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/pukurin1026/
今後の出演情報はブログで随時更新中!

◆イベント情報
「夏目亜季生誕祭(タイトル仮)」
2015年10月25日(日)
@アキバアリーナ
開場17:30 開演17:45
前売3000円/当日3500円/女性1000円
+1drink
※当日スペシャル特典有!!
出演:おちゃめモンスター(夏目亜季&櫻井ななこ)他

タグ: 

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする