【竹内 睦泰】第73世武内宿禰~真の国際人として日本史を伝える若きカリスマ神主

竹内 睦泰
日本、好きですか?
日本人として誇りはありますか?
今日の男は、日本人として日本の歴史を伝え続ける男。
なんと、代々木ゼミナール時代、日本史の講師をしていて授業アンケートでは8年連続全国1位。
日本史についての著書は、50万部を突破。
日本を知り自分を知るきっかけがきっと見つかるはず!
さあ、佐々木将人様の登場です!

「運命を創れ!」
“人の夢”と書いて”儚い”儚いことに挑戦するのは面白い。
自分が挑戦したことは”誇りの持てる日本史”である。
当時、日本は9割方の学校・予備校の教師は左寄りだった。
一人ぐらい日本の事を良く言う教師が居ても良いのではないか?
 青年が一番真剣に聞く授業は大学受験の予備校の授業である。そして命がけに読む本は受験の参考書である。そして私は代々木ゼミナールのサテライン(通信衛星講座)の講師になり「超速!日本史の流れ」を書いた。そして50万部売れた。ニーズがあったのだ。 しかしトップになると組織的に嫌がらせ・誹謗中傷を多数うけた。その時頼りになったのは”言葉”だ。
絶対にあきらめない。(「ゴルゴ13」)
どんなに辛くても笑って歩いていく。(アントニオ猪木氏)
“無名より悪名”であることを・・・ 人生におけるポイントは形を残すこと。
“本を書く”2年間無職だった時期それでも私は生きていけた。
本を書いていたからである。本は最高の名刺である。自分のことが書けないのなら人の話を書けばいい。
それでアメリカの事業家アンドリュー・カーネギーは成功した。
私は神主である。
インターネットが普及しグローバルな時代になった今国際人というパスポートが無い限り
私は日本人でいたい。“世界を日本にする”
それが私の目標である。世界が日本になれば平和になる。世界を高田馬場・池袋にする。世界「高田馬場化」計画である。
【略歴】
作家・神主。大阪府出身。中央大学法学部卒。翌年代々木ゼミナール日本史講師。サテライン(通信衛星授業)講座、スカイパーフェクTV講座などを歴任し教えた生徒は10万人を数える。授業アンケート8年連続全国1位。10年間の勤務後に独立、北斗総合研究所代表取締役となる。 外務省所管財団上級研究員を経て、大学受験専門「秀門会」校長に就任。著書の「超速!日本史の流れ」シリーズは50万部を突破!

古神道の神主でもあり第73世「武内宿禰」の称号を持つ。 NGOを通してアジアの子供たちの支援活動も行っている。ライフワークは『誇りの持てる日本史を伝える』青年会議所等で講演多数。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする