【アーサー・ホーランド】ハーレーにまたがり愛を説く、タトゥーを入れた不良牧師

アーサー・ホーランド

日本で高校を卒業した後に、アメリカへ。全米レスリング選手権チャンピオン(サンボ)に2回輝き、パンアメリンカン選手権大会銀メダルを獲得。
23歳の時に洗礼受け牧師となるが、「宗教嫌い」であることを公言している。彼の教会は自然界全て。自然から学ぶことの大切さとは?愛の尊さとは?

 

「生きることは難儀なことだ、だからこそ立ち向かえ」

私は父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフなんです。

子供時代はよく「合いの子、合いの子」言われてね。

おばあちゃんに「合いの子って何?」って聞いたら、 「“愛の子”や、愛されている子やで」って教えてくれてね。

ポジティブに考えるってことをそこで学んだね。

人を愛することって、スキルが必要なんですね。

例えば、相手を良く観察すれば、相手のことがよく理解できる。

一人になって孤独になることで人を愛する気持ちがより深くなる。

自分と向き合い自分の弱さを認めることが、強さにもつながるし、人のことをより受けいれることができる。

単神教では、争いが生まれる。

一つと決めると宗派間で考え方の衝突が生じる。

神は確かに居るが一つじゃ無い。

相手を認めることで争いがなくなるんだ。

私はバイブルが思想の土台にはなってるけど、自然界からパワーをもらっている。

体にも休息が必要なように、心にも充電が必要なんですよ。

それが、自然界に触れることで自然と「気」がもらえるんですよ。

私は年間5万キロはハーレーで走って自然に触れています。

風を肌で感じて、自然のエネルギーをもらって、それをみんなに伝えるんですよ。

つまり自然界全てが私の教会なんですよ。

これからも真理を追究していきます。

 

最後に・・・

クリスマスにちなんで一言。

 

「あなたは愛されている。Merry christmas」

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする