2014年最優秀ベネンシアドールを受賞したスゴいイ人!

本日登場のスゴい人は「JSA認定ソムリエ」として活躍中のスゴい女性。
白金台ステラート、代官山タブローズでのシェフソムリエを経て、現在はブラッスリーオザミ・東京スカイツリーソラマチ店に勤務。
アカデミー・デュ・ヴァン東京校の講師としても、ワインの楽しさを広げることに励んでいる。
2014年にはシェリー酒のソムリエ資格といわれる、ベネンシアドールの公式資格認定試験において、最優秀ベネンシアドールを受賞。

彼女のベネンシアドールに向けた努力と情熱とは?

さあ…
ソムリエ
神谷葉子様の登場です!

「アルコールに強くなくてもソムリエになれる!」

私はアルコールに強いほうではないので、昔はワインを好んで飲むことはありませんでした。
まだ何も勉強をしていなかった頃なので、残念ながら銘柄を覚えていないのですが、あるとき先輩の席でたまたまご馳走になったワインの素晴らしさにびっくりして、「ワインっておいしいのかも?」と興味を持つようになり、いつしかその気持ちが強くなり、「ソムリエになりたい」と思うようになりました。
それからは色々な場所で、たくさんの種類のワインを飲んで勉強をして、ついに念願のJSA認定ソムリエになりました。

ソムリエの基本は、その料理に合うワインをおすすめすること。
本を読んで勉強してある程度の知識を持つことはできますが、実践を積まないと良いソムリエにはなれませんよね。
同じお料理でもお客様によって嗜好が違うので、最初に飲んでいただいた方の反応をみて、さらにその場面に合ったワインをお勧めする技術が必要なのです。
とても奥が深いので、私もまだまだ勉強中です。

ベネンシアドールという資格があります。
これは、シェリー酒専門のソムリエ資格と思ってくださるとわかりやすいです。
シェリー酒に関する専門知識やテイスティング能力に加えて、シェリー酒をベネンシアと呼ばれる道具で樽の中から汲み上げ、高い位置からグラスに注ぐ技術も必要です。
言葉で言うと簡単そうに聞こえますが、実際にやってみるととても難しいのです。
そのベネンシアドールの公式資格認定試験が毎年あり、ソムリエになった頃から「次はベネンシアドールの資格を取りたい」と思っていました。

ベネンシアドールの資格を持っている先輩から「何よりも練習が大事。練習して寝起きでも、酔っ払ってもできるようにしなさい」とアドバイスを頂き、正確に高い位置からグラスに注ぐ練習を毎日何時間もしました。
練習による身体の痛みで接骨院に通っていたのはここだけの話ですけど(笑)
そして、2014年ベネンシアドール公式資格認定試験に出場しました。
筆記試験からテイスティング、そして実技を経て合格者8人の中に選ばれ、その後たくさんの審査員の前で公開実技決勝戦。
試験に向けての練習の成果、そして普段の身だしなみや、笑顔など自分の長所をあますことなく発揮でき、最優秀ベネンシアドールをいただくことが出来ました。

今後の目標は、世界で三百人位しか合格していない「マスター・オブ・ワイン」という資格をとりたいと思っています。
英語かフランス語で受けなければいけない資格です。
まだあまり英語もフランス語も話せませんが、目標は高くその資格にチャレンジしてみたいと思っています。

◆ブラッスリーオザミ スカイツリーソラマチ店
https://auxamis.com/skytree

◆アカデミー・デュ・ヴァン
http://www.adv.gr.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事