【ガッツ 石松】元WBC世界ライト級チャンピオンからお茶の間の人気者になったスゴい人!

ガッツ 石松

本日登場するスゴい人は、元WBC世界ライト級チャンピオン。
現役引退後はバラエティ番組にも多数出演し、親しみのあるキャラと独特な存在感、そして「OK牧場」をはじめとするギャグはお茶の間でも大人気。
スティーヴン・スピルバーグ監督映画「太陽の帝国」、リドリー・スコット監督映画「ブラックレイン」など、映画、テレビドラマ、バラエティ番組と幅広い分野で才能を発揮している。

活躍の秘訣を聞かせて頂きましょう。

さあ…
元WBC世界ライト級チャンピオン
俳優・タレント
ガッツ石松様の登場です!

「生きる道」

昔から日本には「金持ち喧嘩せず」ということわざがあるけど、子どもの頃ウチは貧乏でお金がなかったので、よそからぶんどらないと生きていけなかった。
貧乏が原因でいじめにあったりして、その悔しさからケンカに明け暮れる毎日で、近所からは「札付きのワル」と言われていた。
そんな「ぶんどる」生活をしていたけど、それじゃ警察に捕まっちゃうということで、勝負に勝ったら賞金をもらえる「ルールのあるぶんどり」=「ボクシング」を始めることにしたんだ。

最初は試合にもよく負けていたよ。
11敗5引き分けという戦績で何度もやめようと思った。
それでも途中でやめなかったのは、これが「自分の生きる道」だと思ったから。
厳しいトレーニングや減量はもちろん辛く苦しかったけれど、物事を継続する上で苦労は付き物だと思っていた。
そしてボクシングを始めて8年後、WBC世界ライト級王者になった。

でもボクシングで世界チャンピオンになったからと言って、そこで喜んでばかりはいられなかった。
ボクシングは一生できるものでは無い。
桜の花と同じようにパッと咲いて、パッと散るのがスポーツ選手で、忘れられるのも早い。
そこで将来を考えて、チャンピオン時代に芸能事務所ガッツエンタープライズを立ち上げた。

今と違ってスポーツ選手がバラエティ番組に出るのが一般的では無かった時代。
最初の頃は「ボクサーになにができるんだ」とみんなにバカにされていたよ。
でも「ボクシングの世界じゃチャンピオンでも、芸能界では違うんだ」と思って頑張った。
その世界に行ったらそこに馴染まないといけない。
だけど自分を捨てては駄目。
自分を捨てずに、その世界に「染まったふり」「バカなふり」をする。
だけど本当のバカじゃだめだから、色々と勉強して頑張った。
そうして頑張っていると、それを見ている人が応援をしてくれて、次の仕事に繋がっていった。

今はボクシング世界チャンピオンの名誉を守る「プロボクシング 世界チャンピオン会」の会長をやっていて、これからの青少年の健全育成のために何か出来ればと思っている。
還暦を過ぎてからは、晴れた日は温かい外で過ごし、雨の日は家で本を読むという「晴耕雨読」を心がけている。
物心ついた頃から、人を見返すためにがむしゃらに生きてきたので、そんな生活も良いかなと思っているところなんだ。OK牧場! 

◆公式ホームページ
http://www.guts-ishimatsu.com/

タグ: 

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする