【松山 仁】日本初のアーティストに特化したマッチングサービスを立ち上げたスゴい人!

松山 仁

アーティストというと華やかなイメージを想像する方も多いと思うが、大きな舞台に立ち、注目されるのは、ごく一部。
その陰には、なかなか活躍の場を得られずにいるアーティストがたくさんいる。
本日登場するスゴい人は、そんな彼らにきっかけを創出するため、これから活躍するアーティストと彼らを起用したい企業を結び付ける日本初のアーティストに特化したマッチングサービスを立ち上げた。
それが“getstage”
アーティストは無料で登録して自分のプロフィールページを持ち、様々なステージやコンテストに応募することができる。
現在、登録アーティスト数は、5000組20000人。
年間1500件以上のマッチング実績を持つ。
さあ・・・株式会社g&h代表取締役 松山仁様の登場です!

「すべてのアーティストに活躍の場を」

高校2年から大学2年くらいまでDJをしていました。
プロを目指していたわけでは無かったですが、イベントを開催したり、真剣にやっていましたね。
周りが少しずつ就活やインターンを始めるようになって、僕も大学2年の頃から、複数のITのベンチャー企業でインターンのような営業のアルバイトを始めました。
ベンチャー企業では起業するのが当たり前の風土があって、そういう社員の人たちを間近で見て影響を受け、自分で会社を起こすということを意識するようになりました。
新卒で入社した会社を3年で退職し、2009年に起業。
最初は、学生時代の経験も活かしてイベントに関わる仕事をしていました。
だけど、「イベントをやるために独立したんじゃない」と気づいたんです。
僕の周りにはアーティストの友達がたくさんいたので、何か彼らのためになるサービスを作りたい。
頑張っていても大きなステージに出るのが難しい事は知っていたので、ステージに立つきっかけを提供しようと考え、出来たのが“getstage”でした。
今は登録無料にしていますが、最初はアーティストの登録を有料にしていました。
だけど有料って難しいんですね。
登録アーティストは増えず、全然うまくいかなくて、このままでは会社の経営が危ないと思い、半年でBtoCからBtoBへ営業方法を変えました。
元々会社員時代にもずっと営業をしていたこともあり、自分の得意なことを活かして企業へ営業してまわり、アーティストの登録料は無料にしたのです。
音楽やダンスを使ったプロモーションをしたい企業さんから見ても、ネット上で「これから活躍するアーティスト」を見つけ出すのは難しいけど、getstageにはその情報が集まっているから、コンテストをする時にも大々的に広告を出さなくても応募が集まりやすくなります。
それで、大手広告代理店さんや有名企業さんからコンテストの依頼などを頂くようになったんです。
大手企業や有名アーティストと関わるコンテストを開催すると自然と登録者も集まるようになり、今では5000組20000人が登録して、最近では企業からのお問い合わせも頂くようになりました。
僕たちの使命は、まだ発掘されていない才能をいち早く掘り出し企業とアーティストをつなぐことです。
今後は、「すべてのアーティストに活躍の場を」というビジョンに基づき、更に多くのアーティスト達がgetstageを通じてきっかけを掴み、世界で活躍してくれることを願っています。

◆getstage
http://www.getstage.com/
※一部携帯では見られない可能性があります。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする