【櫻井 孝次】国内最大のシティマラソン“東京マラソン”を運営する組織を率いるスゴい人!

櫻井 孝次

今週末、2月23日(日)に、日本最大のシティマラソンが東京で実施される。
それが、“東京マラソン2014”
東京都内の主要道路を使って、1万人を超えるTEAM SMILE(ボランティア)、警察、消防の協力のもと東京マラソン2014が実施されます。
今日はその、年に1度のマラソン大会のために1年をかけて準備をしている東京マラソン財団の理事長が登場する。
人生を陸上に捧げたスゴい人の仕事術とは?
さあ・・・一般財団法人東京マラソン財団 理事長 櫻井孝次様の登場です!

「すべてが今の仕事の糧」

今年で78歳。
今日までのすべての経験と仕事が、今の東京マラソン財団の仕事に不思議なくらいつながっているのです。
サラリーマン時代に経験した広報業務も、他企業との調整なども、東京マラソンを知ってもらうためには掛け替えのない経験です。
私は、戦争の混乱の中に生まれ育ち、中学までは部活動などしている余裕もなかったのです。
しかし、友達の姿を見てなんとなく高校から陸上を始めてみました。
ただ面白そうという理由で、自分の中に決して才能などは感じませんでしたが、とにかく目の前の練習に真剣に打ち込んでいたらインターハイに選抜され、走高跳で全国優勝できたのです。
最初のオリンピックは、大学生時代に出場したメルボルン五輪でした。
そこから3回連続で選手として出場し、その後は、監督などの立場としてもオリンピックとともに歩んできました。
私は大学を卒業して定年退職するまでずっと日立製作所一筋で仕事をさせていただきました。
この経験があったからこそ、今の東京マラソン財団理事長という仕事ができているのでしょう。
たとえ、私のように友達に誘われた陸上も、目の前の練習を一生懸命にやれば、あとから結果はついてくるのです。
これは仕事においても同じことが言えるんじゃないでしょうか。
任された仕事を、丁寧にやって、結果を出す。
そうすれば、世間や会社はあなたを放っておかないのではないでしょうか。
おかげさまで東京マラソンは、世界のトップレースで構成されるワールドマラソンメジャーズにアジアで初めて加入し、名実ともに世界のトップレースの仲間入りを果たしました。
これからも、安全・安心な大会を開催し続けるために我々は、邁進して参ります。

◆~東京がひとつになる日。~
東京マラソン2014
2014年2月23日(日)開催
http://www.tokyo42195.org/2014/
※一部携帯では見られない可能性があります。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする