【奈美木 映里】特攻隊ドラマを作り出しFMラジオで初めて放送したスゴい人!

奈美木 映里

『特攻隊のドラマをFMラジオで放送する』という、それまで誰も成しえなかったことをやり遂げたスゴい人!が本日登場する。

今でこそ日本を愛しているが、過去には、日本のことをかっこ悪いと思っていた時期があるという。

ラジオのパーソナリティーとして活躍する中で、日本に海外の素晴らしさを率先して伝えていた。

ところが、ある出来事をきっかけに日本の美しさを再認識するようになる。その出来事とは何だったのだろうか?

さあ・・・株式会社サンディ代表取締役社長奈美木映里様の登場です!

 

「99%は自分の力で」

子供の頃の夢は宇宙飛行士でした。

小学生の時、アポロ11号の月面着陸の話題で日本中が沸いていた。

東京の空はあまり星が見えなかったけど、見上げる度に遥か彼方の宇宙のことを想像しては、ワクワクしていた。必死にお金を貯めて天体望遠鏡を買ったり、NASAに入る為に東大も目指した。

しかしある時静岡に引っ越すことになり、一瞬にして、宇宙への熱が冷めてしまった。東京と違って、手に取るように星がよく見えたのです。

そのころから星への興味が薄くなり、趣味が大きく変わり、ローリングストーンズをはじめとした海外の音楽が大好きになった。

自分の好きな音楽をより多くの人に伝えたいと思って、ラジオパーソナリティになろうと思った。

自分で企画書を書いて、ラジオ局に売り込み続けた。

午前中はウエイトレス、昼は大学に行き、夕方もアルバイト。夜中はラジオパーソナリティとして365日働いた。

稼いだお金は全て、ローリングストーンズを見るための渡米費用につぎ込んだ。

当時、海外はカッコいい、日本はかっこ悪いと思っていた。

ところがある日、鹿児島県の知覧特攻平和会館を仕事で訪れ、特攻隊の事実を目の当たりにした。

日本を深く知りもしないでマスメディアで働いていた自分は、『罪を犯しているんじゃないか?』という気持ちになり、しばらく立ち直れなかった。

特攻隊の話を伝えたいという想いが心の底から沸き起こった。これがきっかけで、『流れる雲よ』のラジオドラマを作った。

FMラジオで特攻をテーマにしたドラマの前例がそれまで無かったので、全ラジオ局の社長宛に手紙と放送用テープを送った。発送した34社中28社が承諾してくれた。東京FMまでも配信してくれた。

『流れる雲よ』はその後、一気に世の中に広まりました。昨年には演劇シネマとなり、国内各地で公開を続け、全世界国際映画祭にも作品は出品された。

これからも、『日本人の真のかっこよさ』を伝えて続けます。

是非一度、舞台を見に来てください!日本人の熱い魂を感じてもらえると思います。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする