【南部 恵治】人生において2度の上場を成し遂げてしまったスゴい人!

南部 恵治
パソナソフトバンクなる会社と、ベネフィット・ワンなる会社。この2つの共通点とは?それは、2社ともに上場しているということ。そして、もうひとつの共通点こそ、"両社ともに同じ社長が上場させている"という 驚愕の事実。このスゴい人!は言う。"「潜在意識」と「運」"こそ勝ち組の共通点だと。 人生において2社の会社を上場、しかも全くの異業種にて成し遂げてしまったスゴい人!が語る思考力とはなんだろうか?
さあ・・・ 株式会社アッチェ代表取締役社長 南部恵治様の登場です!

「強運者になれば負けない」
両親からは強運教育を受けて来ました。疲れた。忙しい。の言葉は使わせない。兄弟間で競争させられ順位を付けられライバルに勝つ事を覚えさせられました。一方で、「兄弟で力を合わせて事に当たる」ことも教えられました。父の車を毎朝ピカピカに磨き上げるのが子供達の朝の儀式。
兄弟の誰かが(たいていは弟の靖之)遅くなって家に帰れない時は、夜中の2時、3時であろうが兄弟の誰かが迎えに行く。

そして家に帰って来ると、夜中であろうと、母手作りの熱々のご飯が待っている。いつまで遊んでいるんだ。人の迷惑を考えろ。という文句は一切出ない。
 放任主義でハチャメチャでしたが教えられたのは以下の様な事です。
・人に注意する時はその場で。そして体で覚えさせること。
・年長者を敬い、年上の人に好かれるよう努力すること。
・友人や仲間は徹底的に大切にすること。
・人を助ける時には労力と時間を惜しまないこと。
・気配りで人を喜ばせる事に喜びを感じられるようになること。
・気配りに時間切れという制限はないこと。

私は2社も上場させたので苦労をしたと勘違いされがちですが苦労はしていません(笑)
努力をすれば勝つ?違います。いや、努力をすればする程負けるんです。努力とは熱意とかエネルギーであり、努力=苦労として美徳化する事は間違いなのです。
学生時代に自律訓練法を独学で学び、この教訓にたどり着きました。そして、潜在意識に自分で命令出来る方法を編み出したのです。ラスベガスは100回以上行っていますが負けたことは1度もありません(笑)
 一緒に行った仲間分の渡航費や滞在費は全部カジノで取り戻します。頭の中から悩み事を消し今をベストに生きること。本物に沢山触れること。そして、自ら強運者になる訓練をする事が大切です。

絶対に日本は世界に負けない国になります!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする