【岩本 友広】知的障害者たちのプロ和太鼓集団を率いるスゴい人!

岩本 友広

知的障害者でつくるプロ和太鼓集団「瑞宝(ずいほう)太鼓」。

本日は、30代にしてその集団を率いる団長の登場。今、彼らの日常を記録したノンフィクション映画“幸せの太鼓を響かせて~インクルージョン”が公開中だ。

しかも、彼らは、健常者に交じって参加した全国大会で、なんと2位!!震災地に、団員が代わる代わる訪問し東北に、和太鼓の音を響かしている。

 さあ、瑞宝(ずいほう)太鼓岩本友広様の登場です

「一打、一打に感謝を込めて」

周りのひとは僕のことを知的障害者」というからきっと、そうなのだろう。

7歳の時に知的障害者施設の“ひかり太鼓”というチームに入り太鼓をはじめました。

太鼓をドーン、ドーンとみんなで打つのが楽しくて仕方ありませんでした。施設を卒業して、

就職をし、昼間は働いて、

夜は太鼓の練習の日々。

ある時、大分の『鼓童』や鹿児島の『TAO』などプロの太鼓集団を見に行く

機会がありました。

太鼓を叩くたびに、歓声を上げる観客達。公演が終わっても歓喜の拍手が

鳴り止みませんでした。

『自分もプロになって、あんなステージに立ってみたい!』

と心の芯をドーンと打たれました。それから、瑞宝太鼓のプロとなることを決心しました。

ステージの上でお客さんとの一体感が得られた時に、

太鼓を叩いていて本当に良かったと心から思います。

お客さんと一緒に笑ったり、手拍子があったり、

感動して涙が出たり・・・

公演が終わった後に、「今日の太鼓は良かったよ」「また見に来るからね」

と言ってもらえたら、感謝の気持ちで心がいっぱいになります。

僕は今お嫁さんをもらってかわいい子供を授かった

これからは一家の長としても60歳、70歳になっても、太鼓を叩き続けて、

感謝をしながら努力をし続けます。

最高の公演のために!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする