【三浦 雄一郎】世界七大陸の最高峰制覇のスゴい人!

三浦 雄一郎
年を取ることを楽しんでますか?
年齢を増すことで可能性を増やしてますか?
今日の男は、78歳。
いまだに挑戦し続ける人生を歩んでいる。
70歳を超えてエベレストを2回も制覇した!
きっと、今日の男は年を取ることの概念を変えてくれるでしょう。
さぁ究極のアンチエイジング男、三浦雄一郎様の登場です!

「世界七大陸の最高峰制覇~セブンサミットの夢」
実は私はもともと病弱で、小学校4・5年は結核で入院。
中学校には、皆と一緒には入学できなかった程でした。
まあ、振り返れば、スキー連盟と喧嘩して、連盟から追放されて、オリンピックに
でれなかったり、ちょっとした挫折らしきものはありましたが。
ただスキーをしたくて、いつか世界一になるんだといつも思っていました。
山登り・スキーをするために10年間のフリーター生活。
物置暮らしの極貧生活も、不思議と気になりませんでした。
世界で誰もやっていないことをやりたいと思いスキーでセブンサミットを制覇するという夢を見つけた。
目標に向かう時に、いくつの壁があったけれど苦痛や挫折とは思わず、決してあきらめなかった。
世界一になるという夢があったから。壁があるのは、あたりまえのこと。
世界一を目指すために心臓病の手術を乗り越え、10回以上も死にそうな時があったにしろ、今こうして生きていて、なおかつエベレストを制覇することができた。
人は、 誰かが、夢を達成しているのを見ると元気づけられますよね。
ただし、それは中途半端な姿ではなく、本物の姿だからこそです。
ふとしたときに「うちのおじいちゃん、三浦さんのTVを見て、ジョギングを始めたんだよ」などと声をかけられるときは、本当に嬉しいです。
夢を叶え、結果、人が、それぞれ良い影響を与え合いながら生きていけると、素晴らしいですよね。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする