モバイルインターネット初期から続くコンテンツサービス会社を率いるスゴい人!

本日登場するスゴい人は、モバイルコンテンツサービスなど幅広く事業を展開するスゴい人。

彼は、日本におけるモバイルインターネットのスタートと共に会社を創業し、以来、様々なサービスを提供し成長を続けてきた。
現在では、App StoreやGoogle Playをはじめ、docomo、KDDI、softbankなどのキャリア各社、GREE、mobage、Amebaといったプラットフォームにおいて、スマートフォン向けを中心に、ゲーム事業と、豊かなライフスタイルをサポートするコンテンツ事業を行っている。

2000年12月ジャスダック市場に上場。
2002年『BusinessWeek』誌アジア版の「The Stars of Asia 25」に、『TIME』誌の「世界のビジネスに影響を与えた若手15人」に選出。
2005年世界経済フォーラムの「若き世界の指導者237人」に選出された。

さあ…
株式会社サイバード
代表取締役社長
堀主知ロバート様の登場です!

「百里の道は九十九里を半ばとす」

子どもの頃は両親がとても厳しく、何かしたいと言っても両親は絶対にそれを許してくれませんでした。
「世の中は自分の思い通りにはならない」ということを、両親から徹底的に教え込まれました。
その為、幼い頃から反骨心が育ち、また親戚は独立精神の強い人が多かったので、今の私の原点は幼い頃の生活環境にあると言っても過言では無いでしょう。
そんな環境で育ったために高校生の頃から住み込みで働き始め、大学時代はいくつもの商売をしていました。

1994年にインターネットに初めて出会い、今のSNSのようなコミュニティサイトを作ってすぐに会社を設立しました。
提供するサービスに対して対価を頂く方法として、携帯の請求書で課金しようと考えNTTドコモと提携が成立。
当時は作れば売れる時代で、iモードスタート時に3コンテンツが採用され、その後立て続けにコンテンツを制作しました。

2011年頃、携帯電話がガラケーからスマホになった事でコンテンツの主戦場も変わり、僕達のそれまでの売り上げは全てガラケーだったため、135億円ほどの売上が無くなってしまいました。
でも、心配して立ち止まって考え込んでいても、状況は何も変わりません。
それならば、まず行動しようと考えたのです。
仕事の減ったこんな時だからこそ、神様がくれた時間だと思って、人としての本質と向き合う時間を作りました。
どう思われたいかではなく自分が何の役に立てるのかを考え、お金が足りないと思うのではなく、無いなら働けば良いと考えるようになりました。
僕達の仕事はインターネット上でのやり取りのため、お客様の顔は見えませんが、見えない一人一人のお客様の姿をイメージして、新しい取り組みにチャレンジしました。
見えないお客様に最大のサービスを提供するために、勝つまで負けを認めずに挑戦し続けようと決めたのです。

同時に、自分の幸せの定義を考えました。
そこで出た答えは、自然と触れること、家族がいること仲間がいること、美味しいものを食べられること、好きな音楽が近くにあること、そして、海と太陽があること。
これが幸せの定義。これからもそこへ向かうために生きようと決めました。

これからも、お客様の笑顔を見るために顧客サービスの向上と共に新しいコンテンツを作り続けます。

◆株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

◆BFB2015
めざせ、世界 NO.1!
3DCGのリッチな試合シーンが白熱する本格派サッカークラブ育成ゲーム。
サッカークラブの監督となり、選手を育て、戦術を選択し、世界一を目指す本格サッカークラブ育成ゲームです。
3DCGを採用し、リアルな試合シーンを再現、また、様々なキャラクターとのコラボレーションや独自機能を追加する等、進化し続けています。
本作はUnityで開発をし、家庭用ゲーム機レベルのハイクオリティーグラフィックを実現。

公式サイト http://www.barcodefootballer.com
公式 Facebook https://www.facebook.com/BARCODEFOOTBALLER
公式Twitter https://twitter.com/barcode_fb
言語 簡体字 , 日本語 , 繁体字 , タイ語

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事