【田村 淳】バラエティから時事番組まで引っ張りだこのお笑いタレントのスゴい人!

田村 淳

1993年にお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」を結成。
デビューから今日まで20年以上もの間第一線で活躍を続け、お笑いのみならずテレビ番組のMCや音楽活動、そして自身の企画・運営する番組「淳の休日」での多数の企画の実施など、様々な分野に挑戦し、活躍するスゴい人が本日登場する。

今年(2015年)6月には独自の人付き合いの極意をまとめた著書『35点男の立ち回り術』(日経BP社)を出版した。

彼の活躍を支える、一貫した想いとは?

さあ…
お笑いタレント
田村淳様の登場です!

「即行動」

僕は、何事もまずは一歩、自力で踏み出すことを大切にしています。
確か中学校の先生から言われた言葉だったと思いますが、「頭の中で色々と考えていても本当の答えは出ないから、まずは動きなさい」と言われ、それを今でも心に持ち続けています。

一歩踏み出して挑戦すれば、失敗することもありますが、失敗したら次の瞬間から改善に向けてまたすぐに動くようにしています。
昔から、自分が何をしたいかという明確な目標があるから、僕はそれに向かって歩みを止めることなく進んできました。
誰かが道を教えてくれることもありませんし、進むべき道が光で照らされているわけでもありません。
深い森の中で道なき道を切り開くような感覚で、一歩踏み出してみれば、そこがどんな状態なのか知ることができます。
まずは最初の一歩目を踏み出してみなければ、次の一歩は出ないのです。

僕は、前向きじゃない人を応援したからと言って、前向きになるとは思っていません。
以前アフリカに行った時に、群から置いて行かれたキリンが捕食される瞬間を目の当たりにしたのですが、地球上で生きていくうえでは人間も同じだと思います。
誰の人生にも山があって谷がありますが、いつまでも谷にいる人は誰かが助けてくれるのをずっと待っているだけなのではないでしょうか?
自分から動き出さなければチャンスはありません。
一歩踏み出すことは自分にしかできないのです。

最近では、テレビを面白くするためには、政治なども含め色々な事を知らなければならなくなったと感じ、自分が疑問に思ったことは即行動して聞きに行っています。
憲法9条の解釈のニュースを機に、自分が今まで一度も日本国憲法を読んだことが無い事に気づき、「みんなで日本国憲法を読む番組があれば良い」という思いから、8月から番組を始めます。
今はテレビに刺激が無くなっていて、世間のテレビ離れが進んでいます。
僕はまず、テレビ以外の所で刺激を自分の中に取り入れて、その刺激をまたテレビ業界に持って来られたらと思っています。
その為に、今後はテレビ以外の事にも積極的に取り組んでいこうと思っています。

◆著書『35点男の立ち回り術 』
http://www.amazon.co.jp/dp/4822278352

◆Twitter
https://twitter.com/atsushilonboo

◆公式プロフィール
http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=007

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする