【有森 裕子】オリンピック女子マラソン2大会連続メダリストのスゴい人!

有森 裕子

本日登場するのは、元女子マラソン選手であり日本におけるプロランナーの草分けでもあるスゴい人。
1992年バルセロナオリンピックで銀メダル獲得。
1996年アトランタオリンピックで銅メダル獲得。
なんと彼女はオリンピックに2大会連続出場し、2大会ともメダリストに輝いた。
どうしてメダルを手にすることができたのか?
日々、何を大事に生きていたのか?
さあ・・・元女子マラソン選手 有森裕子様の登場です!

「私には、これしかない」

幼い頃から何を大事にして、何を目指せばいいのかを両親の姿から学びました。
両親は私を子ども扱いせず、一人の人間として接してくれました。
中学校ではバスケットボール部に所属していましたが、どんな種目でもいいので運動会で勝ちたい!と心から思いました。
なんでも良かったんです。
とにかく、勝って自信が欲しかったのです。
800メートル走なら出られると知ってその日から部活が終わったら家族にも協力してもらい、毎日練習漬けの日々を送りました。
その結果、優勝しました。
これが全てのきっかけだったのかもしれません。
高校では、この成功体験から陸上部に入部しました。
しかし、ずっと理想の結果を得られず、それでも諦めたくなくて、無理やり名門だったリクルートの陸上部に入りました。
そして、そこで目標に設定したのが出身地の岡山代表として国体に出場して勝つことでした。
目標が明確になったので努力は辛くなかったです。
そして努力が報われ、国体の選考に選ばれたのです。
が、しかし・・・なんと、マネージャーが県への登録申請を忘れてしまったのです。
国体出場の夢が完全に絶たれました。
悔しくて、悔しくて・・・
それをきっかけに、マラソンに転向しました。
マラソンは、努力が確実に成果に現れるのです。
ならば、覚悟をするだけです。
「すべてを捨ててでも勝ちたいですか?勝つためならなんでもやれますか?」
そう問われれば、当時の私は瞬発的に答えられました。
“YES!!”と。
今の若い子たちは、競争を避けて生きているように見えてしまいます。
しかし根底にあるのは、競争=悪、順位を出すこと=良くないこと、という大人たちの決め付けがあります。
その中で生活を強いられれば、若い子たちはどんどん弱くなってしまいます。
大人たちがもっと子どもたちの強さを信じてあげて、自立心や探究心を鍛えてあげて欲しいです。
これからは、スポーツを通じて世の中がより一層強く繋がれるようにしたいです。
その一歩として、パラリンピックやデフリンピック、スペシャルオリンピックスなど、バラバラに活動している団体をひとつのオリンピックとして開催できる世界にしたいと思っています。

◆有森裕子オフィシャルブログ
http://animo.aspota.jp

◆有森裕子さんへの講演出演依頼については以下をご参照ください
http://www.s-rights.co.jp

◆有森裕子さんの活動 HeartsofGold
18年間続いているアンコールワット国際ハーフマラソンを通じたカンボジア支援
http://www.hofg.org

※上記サイトは、一部携帯では見られない可能性があります。

タグ: 

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする