【黒川 将大】日本最多店舗数を誇るストレッチ専門店を経営するスゴい人!

黒川 将大

一人では伸ばしづらい部位を専門のスタッフが伸ばしてくれて、疲労回復や柔軟性を増す効果があると最近人気を博しているのが、“ストレッチ専門店”である。
今、都内ではストレッチ専門店がブームとなりつつある。
本日は、全国に60店舗近くの“Dr.ストレッチ”というストレッチ専門店を経営し、この業界を牽引する会社のトップが登場する。
高卒から様々な業種に挑戦し、あることがきっかけで入ったストレッチの業界。
今日のスゴい人から起業術を学ぼう。
さあ・・・株式会社フュービック代表取締役社長 黒川将大様の登場です!

「出逢いが人生を変える」

物心ついた時から母が不在で父親は海外出張が多いサラリーマンだったので、常に兄弟で支えあって生活していました。
僕らの時代は、1学年が10クラス。
でも、片親の子供は学年で3人くらいしかいなくて僕はどんどんひねくれていった。
でも、喧嘩をしても決して強くないし、背も低い自分は中途半端な人間だと思っていました。
そんな時、友達のおじさんが埼玉で起業すると聞いて友達と原チャリで八王子から応援に行きました。
そのおじさんとの出逢いが、僕の人生を根底から変えました。
“この人、カッコイイ!!”
僕には、そのおじさんから凄まじいオーラが発せられているように感じたのです。
ちなみに、今そのおじさんは上場企業の会長。
僕の目も間違ってなかったんでしょうね(笑)
事あるごとに、このおじさんに会いに行きました。
中古自動車店で修行して、中古車屋から起業し、店舗業の勉強をさせてもらう為に、起業2年目に
おじさんが始めたレンタルビデオ店の店舗の清掃をさせてもらいました。
マッサージ店、掃除屋、いろいろなことをやってきました。
自分の息子が、サッカー東京選抜の選考セレクションの前にオスグッドになり、選抜を落とされるかもしれないということがありました。
その時出逢ったのが、ストレッチのプロでした。
どんなマッサージをしても治らなかった息子の激痛が、試合に出てサッカーが出来るまでに和らいでいったのです。
そして、息子に自宅でストレッチをやってあげようと習った時、ふと頭をよぎったのです。
“このストレッチって、一般の人にも効果があるんじゃないのか?”
当時はほとんどストレッチ店もなく精神的にリラックスするマッサージ店ばかり。
しかし、リラクゼーションではなく“体質改善”にフォーカスしてサービスを提供した結果、リピート率が非常に高くなり、今では、全国で60店舗近く経営できるようになりました。
結局、僕は寂しかった幼年期に憧れた“自分の居場所”を作りたくて起業したんでしょうね。
なので、仲間は本当に大事にしていますし、仲間がいなかったら僕には経営なんて絶対にできないです。
ストレッチを通じて日本を元気にしたいし、今の会社を通じてたくさんのアスリートを救いたい。
さあ、まだまだ挑戦だ!

◆Dr.ストレッチ
http://docst.jp/

◆株式会社フュービック
http://fubic.com/

※上記サイトは、一部携帯では見られない可能性があります。

タグ: 

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする