【上野 金太郎】メルセデス・ベンツの年間販売台数記録を塗り替えたスゴい人!

上野 金太郎

メルセデス・ベンツ。誰もが知っている高級車。
今、この高級車メーカーが新しいことにたくさん挑戦している。
“クルマを売らないショールーム”
“トライアスロンチーム結成”
“女子プロゴルファーのサポート”
そして昨年、メルセデス・ベンツ日本法人は、日本における年間販売台数の新記録を樹立した。
そのメルセデス・ベンツ日本法人を率いる社長が本日登場する!
歴代、初となる日本人社長となった方の仕事への取り組み方とは?
さあ・・・メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長 上野金太郎様の登場です!

「嗅覚をもって世の中の求めることを見よう」

メルセデス・ベンツ日本。
私が大学を卒業して、ずっと働いている会社です。
今は、社長をさせてもらっていますが、決して、幼い頃から車や機械が大好きだったわけではないですね。
ただ、競争することは好きでした。
走るのがあまり好きではなかった私は、中学・高校時代に、車という手段を使ってレースをするレーシングカートの世界にのめり込みました。
その影響で、大学時代は車雑誌の会社でバイトをしていました。
私たち1987年の年の就活はただでさえ厳しかったのに、解禁日を律儀に守ったばかりに
就職活動に遅れを取ってしまった私は、その前年、初めて日本法人ができたメルセデス・ベンツの会社に飛び込んで行ったのです。
立ち上げたばかりのメルセデス・ベンツは、そんな私を受け入れてくれて就職が決まったのです。
新卒、第一期でした。
それから辞めたいと思うこともありましたが、メルセデス・ベンツ日本法人の歴史とともに私は成長する機会を頂きました。
とにかく、与えられたポジションでの仕事を通じて、一生懸命やるしかないのです。
夢物語は誰でも言えます。
結果を間違いないなく出すためには、突き抜けた努力が必要なのです。
私は、人生の90%は運だと思っています。
しかし、残りの10%の努力を150%の力でやりぬくことで、90%の運が開くのです。
メルセデス・ベンツというブランドから湧き上がる喜びや、感動や、驚きを、もっと広めたいのです。
そのために、自分自身もトライアスロンに挑戦するなどどんどん新しいことに挑んでいます。
せっかく景色が目の前に広がっているのにスマホやゲームの狭い世界ばかり見ていてはもったいないですよね。
景色を見よう!
五感を持って体験しよう!

◆メルセデス・ベンツ
www.mercedes-benz.co.jp/
※一部携帯では見られない可能性があります。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする