【経沢 香保子】子育てと仕事を両立する現在最年少上場女性社長のスゴい人!

経沢 香保子

2012年東証マザーズに上場。
今現在、上場を実現した女性社長の中で最年少としてテレビや雑誌に特集を組まれることも多い本日のスゴい人は、子育てと仕事を両立しながら上場を果たし、今でも第一線で活躍する女性社長である。
トレンダーズ株式会社。
女性に特化したマーケティング会社として注目を浴び、美容クリニックとドクターコスメのクーポンサイト「キレナビ」が大人気。
さあ・・・トレンダーズ株式会社 代表取締役 経沢香保子様の登場です!

「決めたことを楽しんでやる」

起業家の父と専業主婦の母の間に生まれ、幼い頃から女性として母親としての役目と自立して生きること、両方を叶えたいって自然と考えている子供でした。
小学校5年生の時、算数が得意だったので、女性としての将来のライフプランを子供なりに考えてみたら、家庭を大事にして生きるためには、たとえ働けなくなっても年間600万円くらいの自分の収入があれば、万が一何かあっても家庭に大半の時間を割けるのでは?
と考えました。
そこから、当時の銀行金利で7%だったので、1億円あれば金利7%で年間700万円くらいの生活費が自動で生まれると考えていたんです。
その結果、まず、自分ができることは、たくさん勉強して良い学校に入ることだ!
と一人で勝手に確信して、当時、周りにはほとんどいなかったけど中学校受験を狙いました。
やるなら一番。
そんな理由で桜蔭中学を目指し、合格しました。
あの時ほど勉強したことは、人生で他に無いと言えるほど努力した結果得た合格でしたが、入学後、周りは東大を目指して早速大学受験の勉強をしている姿を見て、私だけは勉強を辞めてしまったのです。
「この“偏差値甲子園”的なレールは、自分には勝ち続けることはできない」
と、ぼんやりと起業を考え始めた時期でもありました。
大学卒業後、リクルートに入社。
その後、創業間もない楽天に入り、三木谷さんの人生を近くで見られたのが起業を決断するきっかけのひとつとなりました。
今では、お陰さまで上場も実現させて頂き、女性マーケティングにおいてナショナルクライアント様よりお声掛けを頂く会社になりましたが、すべては、やってみたい!ということを、明確に決めて、できる!と信じたことから始まったことばかりです。
決めたことを続けるのは大変です。
だから私はまず周りに宣言をしてしまい、友達や仲間を巻き込んで、一緒にゴールを目指します。
今、本気でやっている英語の勉強も来年以降の海外展開のためですが、仲間の起業家を巻き込み、競争しながらも、楽しんで勉強しています。
目標のプロセスは、人生のプロセスって言えるほど未来って、決めてしまえば、何でもできちゃいますよ。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする