【坂本 佳昭】ホワイトニング業界シェアNo1の歯科フランチャイズグループを作りあげたスゴい人!

坂本 佳昭

歯のホワイトニングを行う日本最大のフランチャイズの歯科医院“ホワイトエッセンス”
2001年7月に1店舗目をオープンし、その後12年の間に日本全国に89店舗までフランチャイズの歯科医院を展開した。
歯のホワイトニング実績は、238,000件と他を圧倒している。
そのホワイトエッセンスを作り上げたスゴい人!が本日登場する。
今でこそ成功をしているが、子供の頃はサボり癖が抜けず、全く勉強ができなかったという。
そんな彼が努力をするようになったきっかけとは?
さあ・・・株式会社エイ・アイ・シー代表取締役 坂本佳昭様の登場です!

「笑顔創造産業」

小学校の頃は転校が多くて授業に全くついていけなくなりました。
学校に行くことが嫌になり、朝になれば熱が出るようになり学校をよく休んでいました。
基礎学力が無いので中学校に入っても状況は変わらず、3年生で分数の計算もできませんでした。
医療機器を販売する会社に就職してからもサボり癖は抜けきらず、営業中に海を見に行ったり喫茶店で時間をつぶしたりしていました。
3年程経った時に突然「このままじゃいけない」と思い立って、会計やマーケティングなどの勉強を始めました。
夜中3時に起きて勉強して朝は7時から出社。
これを3~4年程繰り返していたら勉強したことが身になっていたのでしょう、自分で書いた企画書が通るようになって業績に結びついてきたのです。
勉強することが楽しくなって、興味のあったフランチャイズビジネスを学ぶために大学院にも通いました。
子供の頃は落ちこぼれだったので、勉強することで巻き返しを図りたかったのですね。
ある時、会社の社長から休眠会社を利用して好きなことをやっていいと言われたので、以前から考えていた歯科医院をフランチャイズ展開するビジネスを始めました。
最初の1店舗目を始めた時は、2年間休み無く働き続けました。
楽しくは無かったけど事業を継続しないといけないので、とにかく必死だったのです。
半年ほど経った頃にテレビに取り上げてもらって、それがきっかけで10ヶ月先まで予約が埋まるようになりました。
ようやく事業が軌道に乗り出した頃に、無理をしすぎて体を壊してしまいました。
医者からも会社に行くのを止められる状態で、周囲からは仕事を全部自分で抱え込まず人に任せた方がいいとアドバイスをもらいました。
長時間働けない体になったのもあり、社員に会社の運営を任せました。
最初は売り上げが落ちましたが、社員自らが自分で考えて行動するようになったので、結果としてビジネスは伸びましたね。
ホワイトエッセンスのフランチャイズは集客が成功の鍵ではありません。
患者の満足度を高めることが重要で、サービスを良いと思ってもらえないと結局リピートしてくれないのです。
今はありがたいことにフランチャイズのお申し込みを多数いただいていますが、クオリティを保つためにも急拡大せず、1社、1社とじっくり向き合いながら展開をするようにしています。
ホワイトエッセンスを通じて、自由診療に価格破壊を起こして健康な人が楽しく歯医者に通える世の中にしたいと思います。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする