【岩田 松雄】世界43カ国で展開するコーヒーチェーンの日本法人代表を務めたスゴい人!

岩田 松雄

本日は、スターバックスコーヒージャパン、THE BODY SHOPなど今や誰もが知る有名企業の経営者を務めてきたスゴい人が登場する。
取材の中で、今までの人生で一番の壁をお聞きした。
どんな経営体験が聞けるだろうと思っていると、一番辛い体験をしたのは、意外にも日産に勤めていた時のことだった。
ノイローゼになり会社に行くことすらままならなくなった。
彼が、立ち直り夢に向かって歩き出せたきっかけとは?
さあ・・・元スターバックスジャパン CEO 岩田松雄様の登場です!

「志(ミッション)」

今までの人生で一番の壁は、まだ日産に勤めていた頃のことでした。
社内留学制度の募集があり、すぐさま応募しました。
当時の上司も応援してくれて、選ばれるために必死で英語の勉強をしていました。
そんな中、上司が変わり、新しい上司とは全くそりが合いませんでした。
なんであいつを留学に行かせるんだと、どんどん仕事が降ってくるようになりました。
留学の為の勉強を進めながらも、2.5人分の仕事をこなしました。
夜遅くまで勉強をしていましたが、成績は落ちていく。
仕事にも影響が出てきて、ミスをして罵倒されたこともあります。
社内試験に受かったのに、その頃には限界を超えてノイローゼになっていました。
ご飯がのどを通らない。そして夜は眠れず、一日中吐き気をもよおす。
1ヶ月で4キロ痩せました。
そんな私が立ち直ったきっかけは、妻です。
ある日、泣きながらもう地元の大阪に帰ろうと言ったことがあります。
そしたら、どこからか妻が聞きつけてきて、浦安の心療内科にいこうと言われました。
抵抗がありましたが、病院に予約することによって病気なんだと気がつきました。
もう一つのきっかけは、夏に通ったビジネススクールの塾です。
1週間で20万円もしましたが、それも妻がへそくりから出してくれました。
ビジネススクールに通い始めてからも、すぐに治った訳ではありませんが、徐々に苦しくなる頻度が下がり、治っていきました。
心の中の悩みは、人はなかなか分かってくれません。
私にとって分かってくれたのは妻だけでした。
それまでは、仕事ができない人が信じられませんでしたが、ノイローゼになったことで自分はなんて弱い存在だと気づき、経営者になってから、注意はするものの怒ることはなくなりました。
経営者の喜びは、人が成長する姿を見るときです。
経営者として新卒の採用に力を入れてきました。
記憶に残っているのは、会社説明会のトークセッションです。
2年目の社員が壇上で話していたのですが、私が話してほしい会社のミッションや大切にしていることを伝えてくれていました。
1年前は聞く側だった人が、今は自信を持って話している。
わずか1年でこんなに成長してくれるのだと驚きました。
社員の成長が社長の喜びです。
これからリーダーとして頑張ろうとしている人へ。
志を持って、世のため人のために頑張って下さい。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする