【兼子 ただし】日本にストレッチ専門店を生み出したスゴい人!

兼子 ただし
脚は細く、ウエストにはくびれがあるメリハリボディにハイヒールでカッコよく歩く姿。女性なら、一度は憧れた理想像だろう。“ドS”ストレッチを提唱するスゴい人!にかかれば理想像に近づくと予約が絶えず、今までに4万人以上が受講してきた。
日本で初めてストレッチの専門店をオープンさせ、今や、テレビの出演や取材で多忙なスゴい人!が登場だ!なぜ、ストレッチ専門店を始めたのか?
さあ・・・株式会社SSSグループジャパン代表取締役、兼子ただし様の登場です!

「自分の仕事って、イケてるか?」
布団の訪問販売をしていましたが、会社に自分の成績が認められ23歳の時には管理職になりました。
管理職になってみたら時間が自由になり、暇になってしまいました。それが、キックボクシングを始めたきっかけです。余暇を楽しむためのキックボクシングが、いつしか、周りの先輩たちの強さに後押しされプロライセンスを目指すようになったのです。会社勤めをしながら、激しいトレーニング。少しでも疲れを取ろうとマッサージに通いましたが、思うような効果を得られません。
その時に出逢ったのがストレッチでした。
マイナスをゼロにするマッサージではなく、さらに身体能力まで進化させるストレッチ。興味が沸いて徹底的に研究してみたんですよね。
しかし、世の中にはストレッチ専門の店がなく自分が受けたい施術が受けられない。
給料も良く、部下にも恵まれ、特に辞める理由などなかったのですが、どうしても1つだけ許せなかったのが・・・“上司がかっこ良くない”のです。
稼ぎまくっている上司は、車を7台持っているし好きな遊びをできていますが、どうしても、太っているのが許せませんでした。かっこ良さって、お金じゃない。お金を手にしたからこそ知った事実。
職場を退職し、ストレッチ専門店を開業しました。日本では初の試み。
訪問販売の給料は良かったけど浪費も激しく、借金が2400万円ありました。
それでも、開業に踏み切りました。自分を信じて・・・
最初はストレッチがもたらす効果を人に伝えるのが大変でしたが、とにかくリピートのお客様に支えられ、今ではマスコミや取材もあり、予約が取れない状態でやらせてもらっております。
欲には、キリがある。しかし、夢には、キリも限界もない!
男なら、仕事に生きようぜ!男にとって、仕事こそ自己表現の場所なんだからよ!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする