【勝間 和代】世界経済会議でヤング・グローバル・リーダーズに選ばれたワーキングマザー

勝間 和代

本の執筆から、コラムはもちろん、テレビ番組も多数出演し、ネットでの情報配信ですら誰よりも早くから始めていた。

そんな彼女のようになりたいという狂信的な女性は一時期、

“カツマー”

とも言われていた。

さあ・・・史上最強のワーキングマザー、勝間和代様の登場です!

 

「毎日、0.2%改善しよう!」

私の実家は自営業を営み、4人兄弟の末っ子として生まれた私はとにかく、何をするのも両親には応援してもらっていた。

今でも親に感謝しているのは、“本を読む習慣”を幼き頃の私に自然に身に付けさせてくれたこと。

今でもそうだけど、昔から、私は本の虫。

本屋に行っては本棚をかたっぱしから立ち読み。帰るタイミングは、脚が痛くなった時。

会計を勉強しだしたのは高校生の時。公認会計士の2次試験に19歳で合格して、当時の最年少記録を塗り替えることができたのは、やはり、絶対的な勉強量と読書によって得た思考方法のお陰だったかと思います。

大学在学中に出産をして、出産と同時に、日本企業に勤められなくなりました。

理由は、子育てをするために勤務日数に制限が出るため。これが、外資系企業に勤めるきっかけでした。

結果がすべての外資は私には本当に居心地が良かった。

ずっと、私が心がけていることがあります。それは、

“過去にとらわれず、過去を恨まず、今日に集中する。”

とにかく、好きなことを楽しんで自分だけの専門性を見つけて欲しいです。

そのためには、自己分析は非常に大事。

さあ、自分をもっと探求しよう!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする