【片岡 護】飲食激戦区で人気の老舗イタリアンレストランを生んだスゴい人!

片岡 護

写真の文字はイタリア語。『食べて歌って愛して』の意味。

 

レストラン“アルポルト”

西麻布にひっそりと佇む大人のイタリアンレストラン。

日本のイタリアンの先駆者とも言える方がオーナーシェフを務める。

この経済状況で継続が難しく店を閉じるレストランが多い中、30年近くも飲食激戦区と言われる西麻布でレストランを続けている。

継続とは?

レストランとは?

さあ・・・リストランテアルポルト 料理長 片岡護様の登場です!

 

「人生を変えたカルボナーラ」

中学校の友人が油絵をしているのを見てデザインに興味を持った。

大学受験では、芸大を目指した。

しかし、落ちた。しかも、2回も。

3浪目の時、当時、自分の母親が外交官の領事館にお手伝いに行っていた。

そこで、自分もお小遣い目的で犬の世話をしていたとき、そこの奥様がカルボナーラを作ってくれた。

人生で初めて食べるパスタ。

「こんな美味しいモノが世の中にあるのか!」

衝撃だった。このカルボナーラがきっかけで料理に興味がめちゃくちゃ湧いた。

しかも、ご主人の勧めでミラノに行けるチャンスまでもらった。

全くの素人がミラノでシェフになった。

365日、イタリアンを勉強した。休みの日は、食べ歩いた。でも、自分の心の中にあるのは、一度も修行してないというコンプレックス。

だから、帰国後に東京で一番厳しいと言われたレストランで働いた。とにかく、自分の可能性を信じて現場で勉強したかった。

やっと自分の店が持ててからも、ずっと、勉強。

もし、30年近くお店を続けてこれた理由を上げるとしたら、“一生勉強”を貫いたから。

若い頃、デザインを勉強していたことも、今では、皿の上の盛り付けとして生かされている。

勉強は裏切らない。

目的がはっきりすれば誰でも変わる。

これからも極上のパスタを追い続けて勉強だ。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする