【KOSHINO JUNKO】キューバ政府より友好勲章を授与した世界を代表するファッションデザイナー

KOSHINO JUNKO

日本を代表する世界的ファッションデザイナーKOSHINO JUNKO

キューバで外国人デザイナーとして初のショーを開催したり、ニューヨークのメトロポリタン美術館でファッションショーを行うなど、彼女は、『前例が無いこと』への挑戦をし続けている。

そんな活動の功績が認められ、「イタリア連帯の星」カヴァリエーレ賞、モンブラン国際文化賞など数々の賞を受賞している。

最近では11月22日にキューバ政府より、日本とキューバの文化交流に寄与したとして、友好勲章を授与した。

オリジナリティを追求する大切さを教えていただきましょう。

さあ・・・KOSHINO JUNKO様の登場です!

 

「オリジナリティの追求」

絵を描くことが子供の頃から好きで、ずっと続けてきました。

19歳の時に装苑賞を受賞できたのは、それまで続けてきた努力が実ったからかもしれません。

24歳の時に、憧れだったパリに行きました。ファッションと言えばパリです。

当時日本ではパリに旅行する人はいない時代です。沖縄で飛行機を乗り換えて、40時間はかかりました。パリの北駅に着いたら、まるでそこは東京の上野のよう。

暗くて、活気が無く、地味で、ただ街が大きいだけ。

自分が思い描いていた、華やかなイメージとはかけ離れていました。

それでも、すぐにクリスチャンディオールの本店に向かいました。だけど、発音が悪いので、なかなかたどり着けない。たまたま日本語ができるフランス人がいたので、助けてもらいました。

人の縁とは不思議なもので、この人とは後々一緒に仕事をすることになりました。

20代はタイガースやテンプターズなどの衣装のデザインを担当したり、ショーを開催したりと順調に過ごしていましたが、31歳の時、3,000万円もの大金を騙されました。

今のお金に直すと3億円という大金です。

周りに頼みこみ2,700万円まで何とか集めたけど、あと300万円が足りない。

本当にもうギリギリの時に、お店の大家さんがお金を貸してくれました。

挫折するのかなと思ったら、いつも誰かが助け舟をくれるのです。

人と違うことをやることはとても大切です。そのために突拍子も無い計画を立てたりします。

ニューヨークのメトロポリタンミュージアムでショーをやろうとした時には、前例が無かったので周りから「ありえない」と言われました。

でも、やる気になればありえる。頭から無理だと思えば何もできない。信念を持ってやれば、必ず物事は成し得ます。過去に人がやったことをないことをやる、努力と勇気が大切なのです。

それに、夢を持つことも重要です。例えば、パリに行きたいとか、誰かに会いたいとか

小さくても、大きくてもいい。そうすれば、アンテナが敏感になり、必要な人に会ったり、必要な出来事に遭遇した瞬間にピン!と来ます。おぼろげな夢も具体的になってくると、輪郭が見えてきて必ず結果が出ます。

夢や目標さえ決めておけば、何をすべきかは自ずと見えてきますよ。

未来から見たら、今日という日が今の人生の中で一番若いのだから

思い立ったら、即行動ですよ!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする