【大和晃三郎】日本最高齢でデビューを果たした演歌歌手

大和晃三郎
幼い頃から男は2つの夢を描いていた。
「商人」として成功すること、そして、「歌手」デビュー。
18歳で独立し、林業の事業主となり、生活用品を買出しに出るうちに、
ディスカウント業に関心を持ち、23歳で自らディスカウント業界に参入。
時代の寵児として業界の話題をさらい続けた。
1984年、グループ会社を合わせ年商400億円。一つ目の夢を達成。
また、68歳という年齢で、ついに子供の頃からのもうひとつの夢であった、演歌歌手としてのデビューも果たしたのだ!
さあ・・・演歌歌手大和晃三郎様の登場です!

「夢は絶対あきらめない」
68歳という年齢で演歌歌手としてデビューをさせていただきましたが、それ以前は「商人道」を実直に歩んで来ました。
23歳で自らディスカウント業界に参入。ディスカウントブームの先駆者として活躍、驚異的に業績を伸ばし、世界の一流品、ブランド品、高級品を集め、1日来店数25万人の記録達成。
不動産バブルの崩壊の危機に、過大投資が仇となり事業は徐々に失速・・・60歳で民事再生。
以前より明言していた通り、経営の全てを後進に譲り、27年間に及ぶ経営に幕を下ろした。
社長を辞めた後、会社を作ってビジネスをもう一度したり協業をしませんかという話をいただいたりしたのですが、「自分はこれをやっています」と胸を張って言える程燃えませんでした。
自分に何があるのかと考えた時に、もうひとつの夢であった歌を考えました。
振り返れば商売に没頭している時も、一人で一晩中カラオケを歌い続けていました。
周りの方の支援もあり夢だった、デビューをさせていただくことができました。
作詞作曲は鳥羽一郎さんです。本当に感謝をしています。
今年は100ヵ所公演を行い、10年はしっかり歌っていきます。
今、社長をやっている時と同じくらい、いやそれ以上に熱く燃えています。
どうぞ応援よろしくお願いします。

 

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする