【野田 義治】巨乳タレントというジャンルを生み出した巨乳バカ一代のスゴい人!

野田 義治
2010年11月11日。シークレットゲストが壇上に上がった。
予定人数をはるかに超えた1,400名のフェスタ参加者に、想いや過去の経験を語ってくださった。
65年生きてきた思考と芸能界という世界の歩き方。
古くは堀江しのぶに始まり、かとうれいこ、山田まり、細川ふみえ、雛形あきこ、小池栄子、佐藤江梨子、MEGUMIらといった数々の人気巨乳女性タレント巨乳ブームを作った。
巨乳バカ一代!
さあ・・・野田義治様の登場です!

「手間暇惜しまず、真面目が一番」
高橋英樹に憧れて俳優を志望し、広島から上京して劇団の研究生となった。しかし、夢、やぶれた。
その後は、アルバイトを転々としたり、いしだあゆみさんのマネージャーをやったり・・・。
しかし、仲間たちとイエローキャブを立ち上げてからは一直線。
自称、“巨乳バカ一代”。
芸能界という世界、もしかしたら周りから見たら派手で、テキトーに見えるかもしれない。
でも、今日まで芸能界のあらゆる浮き沈みを見てきて、やっぱり、生き残れる人、テレビに映り続ける人は、やっぱり、真面目だし、一つのことを黙々と、やり続けている。
僕は、巨乳っていうジャンルでねばっこく、ずっとやり続けていた。
今では、はるな愛との出会いで多少、扱うタレントのジャンル?も変わったけど、ねちっこく、そして、あきらめない!っていう思考はずっと変わらない。
やはり、何でもやり続ければ、うまくいくんじゃないかな?ダメ・・・って決めない限り、うまくいくしかないでしょ。
苦労、、、惜しんじゃ、ダメ。
僕らは、ただでさえ、難しいタレントと言われる人たちを扱っている。苦労の連続だよ。
でも、ひたむきに、一生懸命にやれば周りは見ているんだね。
AKB48でさえ、ポッと出てきたように思われているけど、彼女たちだって、デビューから5年かかっているんだよ。
良い面だけみて、うらやましがってないで、まずは、やってみろよ。

手間暇惜しまず、人生をつくろうよ!!!

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする