【川口 雄一郎】熊本から日本の不動産業界に輝きを与え続けるスゴい人!

川口 雄一郎
全国賃貸住宅経営協会、会長。
全国賃貸管理ビジネス協会、副会長。
日本賃貸住宅管理協会、副会長。
熊本の地方の不動産会社の社長の肩書きだ。
地方から日本全体に影響を及ぼす。
決して東京という場所に頼らず、地方から日本をよくする。
バブル崩壊での多額の借金をいともせず彼は復活し躍進した。
そんな男の人生とは・・・?
さあ、株式会社明和不動産代表取締役、川口雄一郎様の登場です。

「自己判断」
バブルの頃、不動産投資の熱もあり、会社の業績は右肩上がりでした。
リスクを大きく取って投資をしていたのですが、バブルが崩壊して、20億円の借金を作ってしまいました。
あまりのショックに、家にこもって、ジグソーパズルを作る毎日。誰とも会いたく無いし話したく無い・・・・
その時、ある先輩から、「お前が変わらんかったら、今の状況は変わらんで」とアドバイスをもらいました。
この一言が頭にスッと入ってきました。
「自分がやらなければ、家族はどうなる?社員はどうなる?」
そこから、がむしゃらにうまくいっている人のところへ出向き教えを請い、様々なことを試していきました。
5年やり続け結果が出ず悩んでいる時、アドバイスをくれた人に相談したところ、
 「そのままで良い。そのままやり続けなさい。そのうちメリハリがわかるようになる。そうすれば、利益が出ます。」
そこから2年で、利益がドーンと急激に出るようになりました。
自分では停滞していると思う時も、水面下では進んでいるんですね。自分では気づかない。
実は、成功-失敗良いこと-悪いこと悲しい-嬉しい勝ち-負けなどは表裏一体の関係で同時進行しているのだと思います。
それに気づくためにも判断力を磨くことが大切です。
よく遊び、よく学び、いろいろな人の話を聞き。自分で判断して多く失敗すること。
経験に勝るものは無しですよ、失敗も楽しい!どんどんチャレンジしましょうよ。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする