【徳岡 臣紀】東大在学中に立ち上げた家庭教師の派遣事業で業界に新風を巻き起こしたスゴい人!

徳岡 臣紀
“友の会”という名前は知ってますか?
東大の現役学生に特化した、家庭教師の派遣会社だ。
元々は現役の東大生が、サークル活動で立ち上げた活動がいつしか、大きな大義を持ち、夢を追い続け、現在の形となった。ただ、学力の向上だけではなく、人間力・志力を上げるために、家庭教師の基準を高く設け、受験者が憧れる存在として派遣をするという。
他の家庭教師センターを圧倒し続けるの友の会の在り方とは?一人の男が語ってくれた。
さあ・・・ トモノカイ代表、徳岡臣紀様の登場です。

「大学生で起業した教育界の風雲児」
企業に搾取されない為の家庭教師サークルに参加。
卒業すると同時に生徒さんを見れないなど、サークルでは限界。生徒さんに迷惑掛けない方法を考えました。
その答えが株式会社、大学2年生(19歳)で株式会社を立ち上げました。
立ち上げて3年ぐらいは毎年売上は倍増でしたが、3年経った頃。参入障壁が低い業界なので「徳岡が出来るなら俺もやろう!」
有象無象に競合他社が増え続けました。品質&技術力も圧倒的に自信がありました。最終的には戦いに勝つことは出来ますが。
参入されると価格面だったり、色々な所で闘い無駄な体力を消耗します。
「20年後、どんな世界が待っているでしょうか?」の理念を掲げている私達は気がつきました。
教師と生徒を繋ぐスタイルは、家庭教師だけじゃなくても良い!
20年後?誰にもわかりません(笑)
確かな事は神様が解決するわけではなく、誰かが何らかの形で動いて解決する事。
その源泉となるのは、教育を受け、学び英知を磨く事です。
塾講師は子供達に凄く影響を与えています。
一番お世話になった先生は誰ですか?の回答では小・中学校の先生ではなく、塾講師をあげる人が圧倒的に増えています。
だからこそ競合対策として、素晴らしい塾講師を紹介して行く仕組みを作りました。
家庭教師と塾講師は競合するように見えますが、優秀な人材を押さえる事の必要性は一緒なのです。
・・・小学校低学年の頃、運動は出来ない、身体は弱い、頭も悪いの3拍子。
凄く自分が嫌でした。嫌になるんだったら、いっその事逆切れというわけではないですが、死ぬ気で勉強をしてみよう!
死ぬ気でやってダメだったら死んでしまえばいいや
みるみる結果が出てきて、色々な可能性が広がり自信がつきました。
知性は個人を豊かにし、自信も繋がり、その結果、社会も豊かにします。
これを僕は、偶然幼いころの体験をきっかけに、感じることができました。
だからこそ、みんなにも知ってほしいと思います。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする