【加藤 義博】革新的なサービスで日本一に君臨するバイク王

加藤 義博
“バイクを売るなら、Go~バイク王~♪♪”
一度は見たことあるCMでいまにもメロディーが頭に浮かんだのでは?
バイクの買取という業界を作り上げ、
常にトップを走り続け、今ではその言葉の通り、“キング”となった男。
そんな男にもビジネスに一歩を踏み込んだ時期もあり、苦労を一歩一歩踏みしめた時期もある。
さあ・・・バイク王、アイケイコーポレーション加藤義博様の登場です。

「運の貯金」
バイク業界に入る前に、不動産会社で働いていました。
そこが、ビックリするぐらい厳しい会社でした。
頭に『必勝』と書いたハチマキを巻いて、「とにかく売るぞ!」大声で叫ぶ朝礼。
営業成績が伸びず、会社を去る仲間は数知れず。
完全実力主義の会社でした。
特に何も教えてくれない先輩を見て最初は自己流でやっていました。電話をして必死でテレアポするも一組も成約を獲れず撃沈。
壁にぶち当たった私は気がつきました。そうだ、できる先輩のノウハウを盗もう。
話を素直に聞く姿勢と「つかみ取ってやろう」と思いながら聞くことが大事だと思い、自ら質問攻め、良いと思うところはどんどん吸収していきました。
この経験が、仕事モードに切り替える、『仕事スイッチ』を作るきっかけになりました。
仕事モードを支える基本的な考え方として、『運』と『ありがとう』は貯金できると思っています。
自分が努力していないのに、いいことがあったときは、人生に借金をしていて、後々悪いことが起こるんじゃ無いかと思っています。
たとえば、いつも引っかかるはずの信号に止まらず、通過できたりしたら、「あっ、俺今運つかっちゃったな」と思うわけです。
逆に後輩に食事をごちそうしたり、人の相談に乗ったり人の役にたって、「ありがとう」をもらうことを繰り返すと運が良くなっていき、やろうと思っていたことがうまくいきやすくなります。
皆さんも良いことをして、運を貯めてみてはいかがですか?
運の貯金、貯めた分だけ必ず善い事が起こります。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする