【オスマン・サンコン】日本と母国ギニアの外交に深く貢献するギニアのヒーロー

オスマン・サンコン

「1コン・2コン・サンコン!」笑っていいとも!への出演をきっかけに、タレント活動をするようになった。22人兄弟の4男。勉強をすることで人生を変えられると本気で信じていた。常に明るいキャラクターの裏側には惜しみない努力の日々があった。
海外でチャンスを掴むとは?
さあ・・・ オスマン・サンコン様の登場です!

「母がくれた愛で」
子供の頃から好奇心が強く3歳の時、マンゴーの木陰から初めて見たかけた白人が珍しく覗きを見してました。毎朝、5km離れた井戸まで水汲み。それから学校。何よりサッカーをして遊ぶのが大好きでした。
高校に入った時、サッカーで右足を骨折したんです。医療技術が無く、足が曲がったままでギブスされ、サッカーが出来なくなり、その足は、いまでも曲がったままです。
当時は、死んでしまおう。自殺まで考えました。だけど毎日 母親が僕の曲がった足をお湯の中に入れて治ると思って、丁寧に丁寧にマッサージしてくれたんです。
心から信じてマッサージしてくれる姿を見て、このままではダメだ、何とか自分で立ち直ろう!!
僕の夢・・いつも家の上を飛行機が飛ぶんです。人が乗ってるのか?誰が何の為に乗ってるのか?「オスマン、勉強すればあの飛行機に乗れるよ」 そして、遠くまでいけるんだよ」母の言葉を信じました。「サッカーやめて勉強します」毎日学校から帰って皆がサッカーしてる時、家の裏に1人隠れて勉強をしました。土日は先生の家に行き、お掃除や水汲みを手伝い、色々な良いことを教えてもらいました。
その結果、国家公務員テストがあり、全国1万人で1番になったんです。国の留学生としてパリのソロモン大学に2年。その後、外務省に入り日本の大使館の一等書記官になりました。
日本は何でも揃ってます。
だけどそれに満足していたら国がだんだん弱くなります。
韓国、中国、台湾は今のままでは満足しない好奇心という凄いエネルギーを持ってます。
WBCやワールドカップでの日本の活躍は素晴らしかった。日本はやれば出来るんです。
明日は来るけど昨日は1分、1分ずつもうない。
後ろを見てはいけなし、やってきてもいない。
失敗を恐れちゃいけないんです。
坂本竜馬の様にハングリーさとビジョンを持って人生の一瞬、一瞬を生きて下さい。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする