【池谷 幸雄】二度のオリンピック出場、四個のメダルを獲得したスゴい人!

池谷 幸雄
ソウル、バルセロナ。
この二度のオリンピックで世界中が彼の“床”の演技に酔いしれた。
ソウルでは二個の銅メダル獲得。
バルセロナでは団体で銅メダル、個人では銀メダルを獲得。
引退後は経営者、タレントとして大活躍。
そして、彼は今年政治の世界に進出する。
高い目標だからこそ熱くなれる!
今日の男のメッセージに夢実現のための基礎が詰まっている!
さぁ、五輪メダリスト池谷幸雄様の登場です!

「礼儀と礼節に助けられ」
小学校3年生から体操を始めて、小学校5年生の時、体操をすることがとても嫌になった時期がありました。
友人と遊んだりテレビを見たりできない。
私の母はその時叱らず、1ヶ月休まず体操に通えば、1万円お小遣いをあげると言いました。
頭の中はガンダムのプラモデルを買うことでいっぱい。
休まず体操教室に通いました。
体操を続けることができたのは、このように両親の応援があったからです。
私が体操を通じて学んだことは、2つあります。
1つ目は、礼儀、礼節の大切さ。
子供の世界にも、先輩、後輩の上下関係がありました。
「おはようございます」と挨拶をする。
「ありがとう」と感謝する。
先輩を敬い敬語を使う。
子供の時に叩き込まれました。
競技者としての体操を引退後、芸能界で働いたり、今は体操教室を開いていますが、礼儀、礼節があったからこそ、仕事がうまくいったと思います。
2つ目は、緊張はコントロールできるということ。
コツは自信を持つこと。
自信を持つためにはとにかく練習をすること。
練習がなければ自信を持つことができません。
あと、カラ元気ですが、「大丈夫、大丈夫!」と口に出して、自分を励ましています。
みなさんも試してみてください。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする