【森 孝仁】音速の世界を去りルビーの採掘権を勝ち取った

森 孝仁
今、夢を見るのが怖いワカモノが多いと聞く。
なぜか? それは、夢が達成できなかった時、それを受け入れられないから。
夢って破れても良いのではないだろうか。
諦めなければきっとその先に夢が生まれ、諦めない限り、夢が叶う。
今日の男もレーサーとしての夢は破れた。
しかし、その先に夢を見つけ、夢への一歩を踏み出した。
おそらく、レースで優勝し表彰台に立つ気分を味わいながら生きているのだろう。
さあ、夢の先で夢を叶えよう!
さあ、森孝仁様の登場です。

「感即動」
小さい体にコンプレックスを持ってた。
バイクのレースを見た時、こんな体格の僕でも勝負できると高校卒業後バイクの世界へ。
バイトで貯めたお金で167万のレースバイクを購入。サーキット場で初試乗。
全日本選手に抜かされ必死で追いかけたら、バイクは木っ端微塵、15分で廃車です。
諦めず借金を抱えレースにチャレンジ。
ホンダチームにも入ったが1年でクビ。
試合に出れる場所を探し、当ても無く即単身アメリカに渡りでチャレンジ。
日本人初!北米チャンピョンを2回制覇したが、そこまででした。
先が見えず引退。
日本の街で店頭の赤いものが気になり、はじめて宝石店に入り「宝石 ルビー」と書いてあるが、直感的に「これは宝物じゃない、本当の宝物を探したい」
すぐベトナムへ飛びました
しかし、大使館に行って採掘現場に行きたいと3年間、直談判しても無理でした。
そんな時、僕のセミナーに参加してくれた方から電話を頂き、たまたまセミナーで出会った人から日本である人を紹介してもらったのです。
その方が持っていたルビーをその場で鑑定して
「これはゴミですね」
と言ったらその方はそのルビーの鉱山主だったのです
非加熱処理したルビーを売るのは好きじゃない。天然ルビーを届ける事に価値がある。と熱く語ったら、お前はルビーが好きだな~。だったらお前がやれ!と一夜にして鉱山主。
ウソの様な本当の話。
感動したら即動く。
宣言した事を我武者羅に続けて全て叶っています。全て周りの方々のお蔭です。
日本人は現地の方と力を合わせて、モノ作りをする感謝の心を忘れない国民。

その姿を自社ブランドを通じて世界に伝えていきます

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする