【飯村 誠太】消費されないキャラクターを生み出したスゴい人!

飯村 誠太

20代の女性なら誰もが知っているキャラクター“キャメろん”ちゃん。
今、このキャラクターがどんどん街にあふれてきている。
数多くの芸能人をファンに持ち、海外でも複数の店舗を展開する。
このキャラクターは今日の男の決して、諦めない魂から生まれた。
数千万の借金。
全くの素人から起業。
さあ今日の男のストーリーから明日を学べ!
さあHbG飯村誠太様の登場です。

「ワールドカップに広告を出したい!」
往復6時間かかる工業高校に行っていた。
そこしか受からなかったから。
当時は勉強する意味がわからなかった。
唯一、熱望できたこと。
“自分で会社経営してみたい!”
高校入学当時、148センチしか身長がなかった。
身長が伸びると言われたことはすべてやった。ぶら下がり健康器、ジャンプ、屈伸、毎日、毎日、毎日。奇跡は起きた。
1年で30センチ伸びたのだ!この成功体験が今日までの僕を支えている気がする。
起業して表参道にお店を持った。もちろん、すべて借金。でも、オープンの日、あまりに内装に懲りすぎて展示する商品を買い付けるのを忘れていた・・・
大失敗。
でも、なんとか軌道に乗ったが今度は、芸能人がたくさん買ってくれるようになり、一般の方々が買わなくなってしまった。
死角だった。積もり積もった借金は、数千万円。
もう失敗できなかった。借金が雪だるま式に増えている中、半年かけて、キャラクターを生み出した。
今や、誰もが知ってるブランド HbGのキャラクター“キャメろん”ちゃんだ。“キャメろん”ちゃんが人気を呼び、そして、今がある。
しかし、会社が急速に成長しすぎてまた、新たな悩みが生まれてきている。
経営者は、常に悩みだらけだ。
でも、確信していることがある。
“願いは実現化する!”
コレだよ!
そうじゃなかったから、僕みたいな者が経営者など無理でしょ。

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする