【青野 輝子】日本で初めてタクシーを運転した女性

青野 輝子

今でこそ珍しくなくなった女性のタクシードライバー。
50年前は日本でたった一人だった。
男性ドライバーにまじってがんばり続けた。
彼女にはやらなければならない理由があったのです。
そして50年間ずっと無事故で運転をし続けました。
日本初の女性タクシードライバー、青野輝子様の登場です!

「ご縁を味わえ」
元々、ルノーというフランスの車のセールスをやってました。
まだ、女性のビジネスへの参加がほぼ、ゼロだった時代。
私には働かなければならない理由があったのです。
お見合いで結婚した旦那に逃げられました。
子供がいたのですが、一切の養育費もなく勝手に出て行きました。
ガムシャラでした
大学卒の初任給が1万数千円の時代に、30万円の収入を得るくらい売ってました。
そして、ルノーの日本撤退によりタクシーの世界に入りました。
日本で唯一の女性ドライバー。
後で知ったのですが、私が初めてハンドルを握ってから約20年の間は女性ドライバーは私だけだったようです。
去年、プロとしてのハンドルを置きました。
タクシードライバーとして運転をし続けていた50年間ちかく、ずっと無事故。
走った走行距離180万キロ。運転日報をきちんとつけていて、やめるまで16万881人のお客様を乗車させてました。
お仕事でお疲れのお客様の一日の終わりに、タクシーに乗って帰宅していただく。
そんな出会いだからこそ私は、お客様とのご縁を大事にしてました。
出版会社のお客様とのご縁で本を出版し、イベント会社のお客様とのご縁で講演をするようになりました。
ご縁って生かし方によっては味なものなんですよね。

 

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする