【貞方 邦介】プライベートジェットまで手にしたスゴい人!

貞方 邦介
子供の時スーパーカーブームだった。
素直にフェラーリが欲しかった。
そんな夢見る子供が大学受験に失敗し、3年間の空白期間。
この失敗がこの男の人生にきっかけを与えた。
学生起業、そして勝ち続けた。
“ヘリコプターで蕎麦を食べに行く社長”としてメディアはこの男に殺到した。
成功するスイッチの入れ方とは?
さぁ、夢を叶え続ける社長貞方邦介様の登場です!

「すべてを手にして気づいたこと。」
子供の頃、両親に連れて行ってもらった旅行で泊まったホテル。
ふとんじゃなく、ふかふかのベット。
自宅とは全く違う異空間。
おそらく、今思えばごく庶民的なホテルだっただろう。
でも僕にスイッチが入った!
“いつか、これを作りたい!”
でも、現実はそう甘くなかった・・
希望の大学に落ちた。
ショックだった。夢ばかりあるけど、行動に移せないでいた。親の引いたレールの先に大学がある以上、それに従わざるを得ない。
大学に入学するまで3年も無駄な時間を過ごしてしまった。
気持ちを入れ替え、華の大学生活のためサークルに入ったが、3年も遅れて入ってきた自分には居場所がなかった。
居場所が欲しくてサークルを1年生の時立ち上げた。
たった数ヶ月で株式会社になった。時はバブル。
でも、周りには学生起業ブームで実際に収益を上げているのは自分以外あまりいなかった。
大好きだった車も中古のベンツとして手に入れた。
“がんばれば、好きなモノが手に入るんだ!”
2回目のスイッチが入った。
ベントレー、フェラーリ、アストン・マーティン、ロールスロイス、車だけではなくヘリコプター、プライベートジェットも手に入れた。そして念願のホテルも30代で熱海に作った。
欲しいモノが手に入る!!
しかし・・・海外へ旅行するたびに、目にした光景が日本と違いすぎることでやっと気づいた。
“日本人ほど見栄を気にする国はない!”
もう、店舗拡大路線は辞めた。
それよりも仲間達とお客様の究極の笑顔を見続けたいな。

 

タグ:

こちらのスゴい人もオススメです

日刊スゴい人!をフォローする